世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。

【やりたいこと】を探すのに、生涯をかける価値はある

こちらにまとめました。↓ 

www.goldnegi.com

 こんにちは。

前回に引き続き、『自分のやりたいことの見つけ方』について考えてみたいと思います。

 

その3.思わず嫉妬してしまうこと

f:id:negibo:20181009000231j:plain

自分の周りの人や、誰かのSNSでの発信を見て、思わず嫉妬してしまうこと、「いいよなー」とか「自分ばっかりー」と思ってしまうことってありますよね。

 

「この人はお金や時間、学歴や人脈があるから、こんなことできるんでしょう」

「そういう仕事をしているから、あんなことができるんだ」等々

色々考えてしまいます。

 

ですが、その中に実は自分のやりたいことのヒントがあったりします。

 

うらやましかったり、嫉妬してしまう事の裏側には、自分がやりたいけどできないと思っていることが隠されています。

 

裏側にある感情

そんなもの私にはいらない、欲しくないと口ではいっていたとしても、本当は喉から手が出るほど欲しいものかもしれません。

だから、感情が動くのです。

 

このことに注目し、その人がしていることと同じことでなくても、得られているものや状況を考えてみると、自分のやりたいこと、欲しい結果、それによって得られる良い感情が見えてくるかもしれません。

 

自分の感情、自分の気持ちに素直になることは、決して恥ずかしいことではありません。

 

ぜひ、自分の裏側にある感情にも、目を向けてみてくださいね。

  

まとめ(自分のやりたいことの見つけ方)

f:id:negibo:20181009003748j:plain

本当に自分の好きなこと、やりたいことをやっている人は、不思議と人生が上手くいっていたりします。

 

自分のやりたいことをやること、それはわがままでも自分勝手に相手の迷惑を考えない、ということでもありません

 

嫌なことを毎日我慢しつづけて、その先にあるものは一体何なのでしょうか。

それで得るものとは何でしょうか。

それがあなたの欲しいものですか?

 

生涯をかけて探す

自分のやりたいことは、何年もかけてやっと見つかったり、一生かけても見つからないこともあるかもしれません。

でも、一度しかない人生の中で、本当に自分のやりたいことを探す、探し続けるということは、生涯をかけるだけの価値はあると思います。

 

子供の頃、毎日が楽しくて輝いていたあの気持ち。

やりたいことを見つけるというよりは、もしかしたらもともと自分の中にあるものを思い出すといった感じなのかもしれませんね。

 

ぜひ、自分のやりたいことを見つけて、思い出して、自分の人生を歩んでいってくださいね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。