世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。

弟の結婚式に出席しました。神戸 異人館&阪九フェリーの旅

こんにちは。

先日、4つ下の弟の結婚式に家族で出席してまいりました。

 

地元 福岡県の北九州市から神戸まではフェリー(夜間航行)で往復し、挙式・披露宴は『異人館』で執り行われました。

 

出席は両家の近しい親族のみで、十数名だけの静かな挙式で、おめでたい日にふさわしくお天気も良く、とても気持ち良かったです。

 

フェリーでの船旅は、小学生の子供二人にとってとても楽しいものだったようで大はしゃぎ。

 

ということで、その際の様子を少しまとめてみました。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

目次

 

北九州 ⇔ 神戸 阪九フェリー

f:id:negibo:20181120213952j:image

北九州と神戸を結ぶ、今回利用させていただいたフェリーは「阪九フェリー株式会社」。

●北九州 新門司港(20:00 発)

 〒800-0113 福岡県北九州市門司区新門司北1丁目1

 ↓

●神戸 六甲アイランド港(8:30 着)

 〒658-0031 兵庫県神戸市東灘区向洋町東3丁目2-1

 

人数は、大人2人と小学生の子供2人の計4人。

2等指定Bの4人部屋(個室)を約1か月前にウェブ予約しました。

(予約は2カ月前からできるようです。)

 

船内

阪九フェリーの「やまと」という船でしたが、部屋は他にも2等自由席(大部屋)、1等和・洋室、特等室などもあるそうです。(レディースもあります。)

 

船内はこんな↓

f:id:negibo:20181120214019j:image

客室(4人部屋)はこんな↓

f:id:negibo:20181120222553j:image

 

船内には大浴場(展望浴室)、案内所、売店やレストラン、ゲームコーナーやカラオケルーム、ペットルームなどもあり、きれいで充実した内容にとても満足しました。

こりゃあクルーズ船並みだぜっ。

 

阪九フェリーでは、新門司⇔神戸の他に、新門司⇔泉大津も就航しています。

 

料金

料金は、[閑散期]¥22,000(大人2人子供2人、車は無し)片道

でした。時期によって金額の変動はあるようですね。

 

ちなみに車をフェリーに乗り入れしない場合は、港の駐車場(無料)にとめておくことができました。

 

船旅の満足度と移動距離を考えると、私的には断然お安く感じられました。

 

送迎バス

降船後すぐ、駅までの送迎バスも出ています。(無料・有料区間あり)

 

神戸 六甲アイランド港から送迎バスでJR住吉駅へ。そこから電車でJR三ノ宮駅まで数分。駅からはタクシー(1メーター)でいざ『異人館』へ。

 

結婚式場 神戸北野サッスーン邸

 ●異人館:神戸北野サッスーン邸

 〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町2丁目16−1

 

異国情緒漂うお洒落な異人館街の中にあり、身内だけや少人数の挙式に大変人気の施設のようです。

 

建物や家具、装飾や小物にいたるまで、アンティークをたっぷりと満喫することができます。

サッスーンさん、良いセンスしてるっ。

 

ガーデンセレモニー↓

f:id:negibo:20181120222615j:image

 

お料理↓

f:id:negibo:20181120214205j:image

f:id:negibo:20181120214215j:image

f:id:negibo:20181120214244j:image

 

ディス イズ ア ケイク!↓

f:id:negibo:20181120214302j:image

 

デザートビュッフェ↓

f:id:negibo:20181120214306j:image

 

新郎新婦が心配していた美しいお庭でのセレモニーも快晴に恵まれ、2人の幸せな門出を祝う素敵な結婚式となりました。2人ともおめでとう、お幸せに。そして、

 

サッスーンさん、やっぱ良いセンスしてるっ。

 

まとめ

f:id:negibo:20181120214331j:image

 式後は妻と子供たちと4人で駅のロッカーに荷物を預け、南京町の中華街まで足を延ばし、中華を食べ歩き。

その後、六甲アイランド港から同じく阪九フェリーで北九州へと帰路につきました。

 

フェリーの中で寝て夜間に移動し、昼間は活動できるというところがなかなか面白いと感じた今回の旅でした。

 

移動時間は長くても、船の中で十分ゆっくりできますからネ。

航行中の音や揺れも私的にはさほど気になるものではありませんでした。

 

特に帰りの便では、フェリーの甲板デッキからライトアップされた「明石海峡大橋」の下をくぐるのが見れます。圧巻です。

 

そんな感じで、とても楽しい経験をさせてもらいました。

弟夫婦が末永く幸せであることを願っています。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。