すべてうまくいく日々のブログ

好きなとき好きな人と好きなことを好きなだけ遊ぶ

MENU

【抱負】富裕層となった私がどんな生活を送っているか想像してみた

f:id:negibo:20181228002507j:plain

こんにちは。ねぎ坊です。
いつも見てくださって、ありがとうございます。

 

図らずも、近いうちに「富裕層」と呼ばれることになる覚悟のある私ですが、「富裕層」にもランクがあるそうで、資産だけでなくお金の維持管理能力や社会貢献度などによって決まるようです。

その最高峰と呼ばれる人たちはどのようなライフスタイルを送っているのか、将来の心構えとして想像してみました。

 

 

以外にも地味で孤独

孤独な世界

意外なことに彼らは、たくさんの人に囲まれているのかと思いきや、自身の目標のために突き進むがために、孤独な人が多いのだそうです。

目標のために無駄な人付き合いを断ってきた結果だと考えると納得ですね。

 

目標達成のために人脈が必要となってきます。

自分自身が急速にステージアップしていくためには、それまで付き合っていた人とは離れて、自分が目指す人たちとの付き合いを増やす必要がありますね。

それまで付き合っていた人たちと別れるのは少し寂しい気もしますが、自分の理想を追求していく中で彼らは、孤独を恐れなくなったということのようです。

 

確かに私も、転職を決意する際はこのような感覚を覚えました。

仲良くなった人たちと一緒にいるのは気楽で面白い時もあるけれども、このままこの環境にいても私の欲しいものは手に入らない。何としても周りの人と環境を変えねば、と。

 

地味な世界

彼らのほとんどが大切にしているのは「継続」。

ただひたすらに小さな失敗と成功を繰り返し、積み重ねていったということでしょう。

継続が大事だと分かっていても、方向性が間違っているんじゃないかと不安になったり、なかなか結果が出なくてあきらめてしまったり、そんなことを繰り返しちゃってますね。

 

何にせよ、結果が出るまで継続する信念というか、自分を信じる心を持つことが重要だということです。

 

常に主体的である

彼らは何かを人のせいにしても、人を責めても意味がない。全て自分の選択したことで、全て自分の責任であるという考えの人が多いようです。

 

自分の責任を放棄して自分を正当化し、誰かのせいにしていれば確かに楽なのですが、それではいつまでたっても目標を達成するのは難しいでしょう。

被害者であり続ける限り、ずっと被害者のままなのです。

常に主体的であることは、非常にシンプルで無駄のない考え方だと思いますね。

 

読書の習慣がある

彼らの共通する部分は、読書の習慣と、何度も読む本があることだそうです。

やはり1度読んだだけでは腑に落ちなかったり、時間がたってからまた読むと、新たな気付きや発見があったりするものです。

何度も読んでしまうほど好きな本があるのって、素敵なことだと思います。

 

本気で目指していること

彼らは、社会貢献や教育関係に力を入れている人が多いのだとか。

自分の目先の利益ではなく、次の世代のためにやっていたり、多くの人の役に立つことを念頭においているようです。

これは、自分が十分豊かであるからそうできるのか、それともそういう考えを持っていたからそうなったのか、富裕層と呼ばれる過程の中でそうなっていったのか、色々と考えられますね。

 

でも人の役に立ったり、多くの人に貢献したいという気持ちは欲望とは別に、誰もが持っているものではないかと考えます。

それを自分の信じたとおり、思うようにやっていたからこそ富裕層と呼ばれるようになったのだと思うのです。

まさに、私の未来の姿そのものと言えます。

 

stage.st

 ↓ こちらの記事も

www.goldnegi.com