世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。

MENU

思考していること、考えていることに気づき、そして【今に戻ってくる】

こちらにまとめました。↓ 

www.goldnegi.com

 

 こんにちは。

前回に引き続き、『ぐるぐる思考を止め、考え過ぎをやめる』について考えてみたいと思います。

 

思考することが快感

私たちの脳は刺激を求めます。

思考することが快感でやめられない。常に考えるために、不快なことや気がかりなことを探し、思い出そうとします。

 

「なぜあの人はあんなことを言ったのだろう。」

「きっとこういう状況で、心に余裕がなかったから・・・」

「では、こうしていたらこうなったのだろうか・・・」

しなくてもいい詮索や、憶測や推測はさらなる思考を生み出し続けます。

 

思考の約80%はただの妄想や空想で、現実的なものは約20%に過ぎません。

 

厄介なことに、この思考を完全に止めるには、長い間修行を積んだお坊さんでも至難の業で、一般の人にはまず難しいとされています。

思考自体を努力してやめようとしても効果はほとんどないのです。

 

 では、どのようにすれば私たちにも無駄な思考を止め、考え過ぎをやめられるのでしょうか。

 

ステップ1.思考していること、考えていることに気づく

f:id:negibo:20181004225903j:plain

人は一日に約5万回~8万回も思考しているといわれています。

何か動作をしながらでも、無意識に思考しています。

 

気がついたらしているという、まずはこの自分が思考していること、考えていることに気がつく癖をつけましょう。

 

「あれ、今これをしているのに別のことを考えているぞ」

「お、またぐるぐる思考が始まった」

といった具合に。

 

大切なことは、思考に気づいても、無理に止めようとしたり、考えている自分を責めたりしないことです。

 

「今、目の前のことを考えていないな」

「先のことを考え、不安になっているな」

と、まずは気づくだけでいいのです。

 

そして今に戻ってくる

思考に気づいたら、ゆっくりと思考を静観し、観察してください。

そして、今に戻ってきてください。

今自分が何をしているのか、今の感覚に集中するのです。

 

「あ、私今考えている」「思考がはじまったね」と優しく自分に語りかけるようにすると、今に戻ってこれます。

 

考え出したら→思考に気づく→思考を観察する→今に戻る を繰り返すのです。

 

気づくだけでも思考は自然とおさまってきますが、【今に戻る】感覚を習慣化することで、より早く思考の渦から解放されるようになります。

 

 あなたに今一番大切なのは、未来でも過去でもなく、今なのです。

 

今この瞬間、目の前のことを目一杯楽しみましょう。

 

次回に続きます。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。