すべてうまくいく日々のブログ

楽しく働く、楽に生きる。すべて思い通りにいく人生の日記

MENU

飽きっぽい性格で仕事が続かない。何をやっても長続きしない。

スポンサーリンク

こんにちは。ねぎ坊です。
いつも見てくださって、ありがとうございます。

 

先日、困ったことがありまして。

 

新しい職場の方に「あなたの得意なことって何?」と聞かれたとき、ドギマギして明確に答えることができなかったのです。

 

適当にこれまでやってきたことなんかをしどろもどろに答えたものの、そういえばこれまで3度転職を経験しましたが全く別業種・・・。

ずっと継続してやり続けられたことなど、あるだろうかと。

 

確かに飽きっぽい性格と言われればそうかもしれません。

結果が出なくて、すぐにあきらめてしまう・・・。

 

そんな飽きっぽい性格の私はどのように仕事に向き合っていけばいいのでしょう。

 

 

何をやっても長続きしない

一つに絞れず、何でも中途半端

好きなことや興味のあることを絞れれば、かける時間や労力を集中させることができるので、成果につながるのは早い気がします。

一つのことを極めるのには継続が必要不可欠。

 

けれども、興味のあることがコロコロ変わったり、好きなことを絞れない自分は何でも中途半端みたいな感覚にもなるわけで(泣)。

 

kuriharachiaki.hateblo.jp

クリハラチアキさんという方のこの記事にある継続することの意義、とても勉強になりました。

やっぱ継続って大事だなと。

 

ある程度やると急に飽きてしまう

もちろん全てが自分で始めたことではなく、誰かから勧められて始めたこともありましたが、最初は熱中するもののある程度のところまで行くと急に飽きて辞めてしまうことも多かったです。

 

同じことをずーっとやり続けていくことに、不安を感じているのか何なのか・・。

 

周りから見れば、すぐに放り出してしまう、何事も長続きしない人に見えていることでしょう。

好きなことをずっと追い続けている人が、うらやましくてしょうがないですね。

 

一つのことを極める。

それが天職というものであり、成功することなのだという考えはありました。

 

色んなことに興味がある「マルチ ポテンシャライト」とは

マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法

マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法

 

 

さまざまなことに興味を持ち、多くのことをクリエイティブに探究する人

 を「マルチ ポテンシャライト」と呼ぶそうです。

 飽きっぽかったり、興味の対象が多かったりするのだそうです。

 

このエミリーさんのTEDトーク動画。感動しました。

飽きっぽい性格の自分にも可能性を感じさせてくれます。 

 


Why Some of us Don't Have One True Calling | Emilie Wapnick | TEDxBend

 

マルチ ポテンシャライトの3つのスーパーパワー

1.アイデアを統合する

これまで経験してきた別々の分野のことを統合することで、新しいものが創造されるというもの。

あれこれ手を出してやってきたことや経歴は無駄ではなかったということです。創造できればの話ですが。

 

2.迅速な学習能力

初心者であることに慣れており、新しいことに踏み出すのにも抵抗が少ないため、手当たり次第に吸収し、応用力を発揮する力があるというもの。

たしかに新しい環境に行くことは、自分の中での楽しみとして認識していますね。

 

3.適応力

これまでの経験からどんな状況にも合わせられる。ニーズに応じて如何様にも変化できるというもの。

いわれてみれば変化することは嫌いではないし、たいていのことは何とかなるとも思っています(笑)。 

 

まとめ(マルチ ポテンシャライトとは)

動画ではマルチ ポテンシャライトとスペシャリストはペアでチームであるべき。

 

そしてマルチ ポテンシャライトの人は好奇心の赴くままにいろんな事に飛び込み、その交差点を追求するよう述べられています。

 

たいしたキャリアでもないのに職をコロコロと変えている自分のことを不甲斐なく思っていましたが、少し勇気を持つことができました。

 

こんな自分でも、誰かの幸せに貢献できるような仕事ができればと思います。

 

 

 ↓ こちらの記事も

www.goldnegi.com