世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。

人のためにお金を使うと、お金が返ってくるってホント?

こちらにまとめました。↓ 

www.goldnegi.com 

こんにちは。

前回に引き続き、『お金が舞い込んでくる魔法の法則』について考えてみたいと思います。

 

ありがとうを口にする

あなたがお金を払って商品やサービスを受け取るとき、相手に感謝の意を表し、「ありがとう」を口にしましょう。

 

時には受け取ったものに満足できなかったり、お金を払っているのだから受け取って当然。わざわざ口にするのはなんだかなーと思う時もあるかもしれません。

 

しかし、言われた相手はどうでしょう。

 

ただ何も言わず、機嫌の悪そうな顔で受け取られるより、言葉で「ありがとう」と言われたらきっと嬉しいはずですね。

 

お金を支払って商品やサービスを受け取るとき、毎回あなたは人を喜ばせる機会を得るのです。

そしてそれによって、お金を払うたびにあなた自身もいい気分を味わえる、気持ちよくお金を使えるというわけです。

 

お金の法則2.人のためにお金を使う

f:id:negibo:20181112223104j:plain

人のためにお金を使うと、幸福度が高まることや、健康にもいい影響があることが、近年研究で明らかになってきています。

 

特に周囲の人の関係性をよくする(助けたり、喜ばせたり)ことを、誰かから言われてとかではなく、自分から自発的にーというのがポイントです。

 

逆に、皆に嫌われまいとしての行動や、義務感のような気持ち、または見返りを求めたりする気持ちがあると、あまり幸福度は高まらないということです。

 

人のためにお金を使うと良いということですが、自分の幸福を犠牲にし過ぎないバランスももちろん大事ですね。

 

人のためにお金を使うと、幸福度や健康にいい影響があることは分かりましたが、さらにそれによって自分のところにお金が返って来たり、お金の循環が良くなります。

 

それはなぜなのでしょうか。

 

お金以外のものが返ってくる

周囲の人との関係性、人間関係・つながりにお金を使うことで、お金以外の大切なものを得ることができます。

 

それは信用・信頼・好印象、いざという時に助けてもらえたり、有益なことを教えてもらえたり、紹介してもらえたりと様々です。

 

逆にケチで損得勘定の強い人には、協力しようという気はなかなか起きないものですね。

 

 

お金をかけずに人を喜ばせることはできます。

しかし、その手段としてお金はとても良く働いてくれる便利なツールです。

 

人にお金を使うことによって得られた、お金では買えない価値が、巡り巡ってあなたにさらなるお金をもたらす種になるのです。

 

お金も幸せも、そしてその逆もほとんど人が運んでくるものです。

 

人にお金を使うことが、ゆくゆくは自分のためになるということを覚えておいてくださいね。

 

 

次回に続きます。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。