すべてうまくいく日々のブログ

楽しく働く、楽に生きる。すべて思い通りにいく人生の日記

MENU

上司のようになりたいとは思えなかった。

スポンサーリンク

こんにちは。ねぎ坊です。
いつも見てくださって、ありがとうございます。

 

さて、社内での自分の将来について考えるとき、多くの人が上司の姿を思い浮かべるのではないでしょうか。

自分の身近にいる先輩や上司の仕事のやり方、周りの人への接し方、客観的に観察できるところも多いかと思います。

 

今の会社で仕事をしていくにあたって近い将来、自分の先輩や上司のポジションになる可能性は高いわけです。

果たしてこの先、自分が先輩や上司のようになりたいと思えるのか。思えないとしたら、どのようになりたいのか、考えてみました。

 

 

実際社内にいる上司のパターン

f:id:negibo:20190114010801j:plain

パターン1.がむしゃら上司

いやもう、とにかくいつも忙しそうにしています。

話しかけるなオーラ全開です(笑)。

 

「はー、忙しい忙しい。」「あれもしなきゃ、これもしなきゃ。」「全部俺のところに回ってくる。」・・・

そんな独り言を、呪文のように唱えていますね。

 

基本、自分以外のことを信用できないので、部下に仕事を割り振ることもできず、トラブルも自分だけで解決しようとするため、いつも仕事に追われています。

 

部下はといえば、巻込まれて無茶ぶりされたくないのと、自分の話は基本聞いてもらえないので離れていくばかり。両者の溝は深まる一方。

 

『がむしゃら上司』からすれば、

「なんで俺がこんなに頑張っているのに、誰も動かないんだ。」という気持ちなのでしょうが、そんな上司に周りは冷めてしまっていますね。

 

トラブルに自ら首を突っ込み、忙しくすることで自身が安心したいのならば、勝手にどうぞと。

しかしそれによって肝心の客先への対応や、チームの士気が著しく低下していることに関して、もはやわざとそうしているかのようなレベルなのです。

 

残念ながら、不満とストレスをため込んだ『がむしゃら上司』になりたいとは到底思えません。

いつぶっ倒れるか分かったもんじゃあありません。

 

しかし、彼らは他者からの信用と信頼を誰よりも欲しているようにも見えます。

 

パターン2.無関心上司

こちらの方がパターン1.の『がむしゃら上司』よりも数は多いですね。

 

『無関心上司』の目的はいかに自分が責任を回避するかと、さらに上の上司の機嫌を取ることに特化しているため、それ以外の事には無関心を貫きます。徹底的に。

 

彼らにとって無関心はもはやポリシー。

どれだけ部下が困っても苦しんでも、ヘルプを発信しても動じることはありません

トラブルのにおいをいち早く察知して身を引く早さも抜群です。

 

彼らは長い時間をかけ、その鉄の魂を育てていったのです、自分の目的を達成するために。

 

残念ながら、客先にも部下にも無関心をキメ込んだ『無関心上司』になりたいとは思えません。

彼らの心は氷のように冷たく、しかし失敗することを誰よりも恐れているようにも見えます。

 

まとめ

基本的に自分のデスクから微動だにしない『無関心上司』のしわ寄せは、直属の部下と他部署の『がむしゃら上司』が負うことになります。

 

そう、『がむしゃら上司』と『無関心上司』はお互いの絶妙な需要と供給のバランスによって均衡を保っているのです。

完璧に共存していると言えます。2:8くらいの割合で。

 

もしもこの先この2択、『がむしゃら上司』と『無関心上司』のどちらかになるしかないのだとしたら、ちょっと絶望しかありませんね。

 

彼らも昔はそうではなかったのかもしれませんが、次第にそうならざるを得なかったということも考えられます。

だとするとこの先どちらかになることは自然なこと、抗えないことなのか―。

 

そんなことを考えていたら怖くなってきたので、新作アニメでも見てから寝たいと思います。

 

 ↓ こちらの記事も

www.goldnegi.com