世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。

他人をコントロールしようとする人から逃げる!たった【2つ】の心構え

f:id:negibo:20180930234130j:plain

ちょっと優しくされるとすぐ人のことを信用してしまう・・・

でも自分のことが一番可愛い私、ねぎ坊です。

 

他人を意図的にコントロールしようとしてくる人、思い通りに操作しようとする人、もっと言うと支配とか洗脳とかマインドコントロールとか・・・

 

こういう類の人に少し前に目をつけられ、大変苦しい思いをしました。

自分の心の迷いや、隙が招いた結果であると思っています。

 

しかし、このような人は、程度の差こそありますが意外と身近に、けっこういるのだそうです。

 

ということで、少しでも皆さんの助けとなるよう、参考になるよう私が調べたこと、その人から回避するために実践したことなどを中心に、『コントロールしようとしてくる人から逃げる方法』について考えてみました。

 

ビンとくるものがあれば、すぐ試してみてください。

皆さんの気づきに少しでもお役に立てれば幸いです。

 目次

 

コントロールしようとしてくる人の特徴

 彼らの手法の例としては、


1.最初優しく頼りがいがある風に近づいてくる

 ↓
2.分からないことを教えてくれたり、面倒を見てくれたりするので、すっかり信用してしまい、自分のつらいことを打ち明けてしまったり、自己開示してしまったりする。

 ↓
3.依存心を植えつけられる中で、次第に心理的に追い詰め孤独にさせられる

 ↓
4.最初優しかったのに、急に怒ったり、「こんなことしてたら、大変なことになるよ」とか怖い話や脅すような話をしてくる。

 ↓
5.わけが分からず翻弄されているうち、人格否定されたり説教されたりし、自分がどれだけ駄目な人間か、執拗に責めたり罪悪感や自責の念を植え付けてくる

 ↓

6.こちらが参っているのを確認したら、また急に優しくしたり、コロコロ態度を変え、翻弄し依存させる

 ↓

 7.最終的に、言うことをきかせようと仕向けてくるが、どれだけやっても決して満足せず、延々とその状態が続く。

 

このような形で、心理的に自分が優位な立場に立ち、相手の思考力を奪うのです。

そして思い通りの反応を相手が示さない場合、急に冷たくしたり、無視したり、ヒステリックに怒ったりします。

立場の弱い人たちが思い通り、望むように動かないとふてくされたり不機嫌になることで揺さぶりをかけるのです。

 

そして彼らはこう声をかけてきます。

 

「あなたのために言っているのよ。」

「君のことが心配なんだ、だから言っているんだよ。」

「俺が何とかしてやるから大丈夫。」

「他の誰も信用できないでしょう?私の言うことを聞いていればいい。」

 

こんな言葉を駆使して、相手に自分の顔色をうかがわせたり、気を遣わせるように仕向けてきます。

 

このような人は、先輩や上司、目上の親族の方やお世話になった人など、断りづらい、離れづらい立場の人である場合が多く、 しかも標的以外の人にはあたりが良いので、誰かに相談しても「まさかあの人が?」といった具合に、取り合ってもらえないこともあるでしょう。

 

コントロールや洗脳されやすい人

では、洗脳やコントロールされやすい人とはどのような特徴や心理状態があるのでしょうか。

 

  • 自分の中に強い迷いや、ストレスを抱えている人
  • 他人を疑うこと、拒絶することが悪いことだと思っている人
  • 一人ではなかなか決断できない、人に嫌われることを極端に恐れている
  • 自分だけは騙されない大丈夫と思っている人

 

彼らは、こういった人を常に探し、そのにおいをかぎ分けるように近寄ってきます。

 

「相手にも事情があるのだろう」とか「あの人が急にこんなこと言うなんて、何か特別な理由があるに違いない」などと自分の中で考えれば考えるほど、相手にとっては思う壺です。

彼らはこちらのそういった心理を、よく理解しています。

 

いったい何が目的?

f:id:negibo:20181002002903j:plain

他人をコントロールしようとしてくる人、そんな彼らの目的とは一体何なのでしょうか?そして、どのような考えを持っているのでしょうか?

 

彼らは自分が特別な存在で、自己愛が強く、常に賞賛されるべきだと思っています。そしてその為ならば何でもします。

 

そして反面、非難されることや人に教えられることを嫌います。

 

他人によって自分は満たしてもらうもの、自分の機嫌は他人がとるものと考えており、他人にもそれを強要します。

 

自分で自分を満たすことができないため、常に心が渇き、愛が枯渇した状態です。

だからエネルギーを奪えそうな相手を見つけ、コントロールすることでそれを満たそうとするのです。

 

愛が枯渇している

 もし人からエネルギーを奪ったとしても一時的なもので、自分で満たすことができないのでまた枯渇するの繰り返し。奪っても奪っても、永遠に満たされることはありません

 

彼らは誰よりも、人から愛されるべき、愛されたいと思っています。

だからその為には、苦しさのあまりどんな薄汚い手も使ってきます。

 

今一番気になっていること、一番言われたくないこと、触れられたくないこと。

良心や善意に訴えかける言動。

神経をわざと逆なでするような言葉・・・。

 

彼らはあなたを振り向かせるため、注意を引くために、そのような言葉をわざわざ選んで使ってきます

 

表面上では「あなたの為だから」「あなたが心配だから」と本気で思っている場合もあります。

だからこそ、自分の行為は正しいことなのだと思い込み、相手を傷つけているという罪悪感や、躊躇したり遠慮したりする理由がないのです。

 

自分のことを本当に優しくて、面倒見が良くて、愛のある人だと皆から思ってもらいたい。

自分のことを慕って欲しくてたまらないのです。

でも、それが思い通りにならないから、そう思ってくれそうな人を探し、コントロールしてそう思わせようとしているのです。

 

ではそんな彼らから逃れるためには、どのようにすればいいのでしょうか。

 

回避法1.決別すると決める

f:id:negibo:20181001212142j:plain

まずは相手からのコントロールの意思に気づく、自分をコントロールしようとしていることに気づくことです。

気づく前は、

「なぜ急に私を責めはじめたのだろう、私に悪いところがあったのかも。」

「嫌われる言動をしてしまったのかも、かといってハッキリ言ってもくれない・・・」

など、わけがわからなくて悩んでしまいます。

 

しかし、相手の意図に気づきはじめると、ものすごく嫌な感じやその場からすぐに逃れたい、離れたいといった感覚に駆られます。

「一刻も早く離れなければ!」、そんな気にさえなります。

 

あなたをコントロールしようとする人は、なかなか離れづらい立場の人かもしれません。お世話になったり、恩義を感じている人かもしれません。

しかし、大切なのはあなた自身とあなたの意思です。

 

キッパリと決別する、別れる、離れると決めてください。

 

「あなたは私にとってもう必要ありません。」

「あなたから学ぶもの、得るものはもう何もありません。」

「あなたから卒業します。」

 

もう嫌な思いをしなくていい

けんかをする必要もありませんし、わざわざ何か相手に言う必要もありません。

ただあなたが迷いを断ち切りキッパリと決める、決意するのです。

そのことで、自分を責めたり、罪悪感を感じる必要も一切ありません。

 

相手は、あなたの迷いや心の隙を狙って入り込んで来ようとします。その隙を無くし、自分をしっかりと持てば、相手は入り込む隙がなくなり、あなたに対して何もできなくなります。

そして、不思議と向こうから離れてゆきます

 

過去に何があったとしても、それは過去のこと。今のあなたには関係ないのです。

 

 回避法2.意識を向けない、送らない

f:id:negibo:20181002003706j:plain

コントロールの意思にはっきり気づいていないときでも、なんだか相手の言動にモヤモヤする、思考に振り回される、ぐるぐると考えてしまって眠れない。

 

相手はあなたがその状態になることを狙って、意図しているのですから、そうなって当然なのです。

場合によっては、怒りや憎しみの念が湧き上がってくるときもあるでしょう。

 

しかし、そうなってしまっては相手の思う壺。まんまと相手にエネルギーを供給し続けていることになります。

 

考える必要のないこと、無駄な感情に振り回され、エネルギーを使ってしまうことを相手は望んでいるのです。そしてまた弱ったところに、さらに揺さぶりをかけてくるのです。

 

相手と物理的な距離をとることと同時に、相手のことはすっかり忘れて、考えないようにしましょう。考えても意味のないことです。

 

相手へと通じている意識の糸を、ハサミでちょきんと切るようなイメージで、関係を断ち、意識を向けない、送らないように心がけましょう。

 

 

どうしても考えてしまう場合

どうしてもその人に対する憎しみや恐怖、思考が消えなくて考えてしまう、意識を飛ばしてしまうのがやめられない場合もありますよね。

 

そんな場合は、ネガティブな感情ではなく、できる限りポジティブな念を送ることをイメージしてみてください。

 

彼らはあなたが憎いわけではありません。

自分が愛情ある人だと思って欲しくて仕方がないのです。

 

であれば、彼らが愛情にあふれていて、信頼されている姿をイメージし、その上で、

「でも私はあなたから卒業します。あなたの幸せを願っています。」

といったポジティブな念を送るようにしてみてください。かなり楽になると思います。

 

まとめ(コントロールしようとしてくる人から逃れる)

f:id:negibo:20181001212229j:plain

コントロールの意思を感じる、もしくはそのような言葉を浴びせかけられると、本当に嫌でつらくて、夜も寝られずぐるぐると考えてしまいます。

 

あなたが傷つく言葉を、平然と使ってきます。しかも、まるであなたが加害者であるかのように。

 

もし、そのような意図を察知した場合は、

「そんなに気遣ってもらって、ありがとうございます。」

「とても面倒見がよくて、愛情深いのですね。」

と言って、さらりと上手に受け流しましょう。

 

万一、ターゲットにされてしまったと感じたら、早めにその人から離れること、そしてこれらの方法を試してみてください。

 

あなたをコントロールしようとしたり、支配しようとする人のために、嫌な思いをしたり、苦しむ必要なんてないです。

そんな人に、人生を翻弄されるなんて馬鹿げています。

 

自分の心と身体を何よりも一番大切に、自分の人生を歩んでくださいね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。