すべてうまくいく日々のブログ

好きなことを仕事に。楽しく豊かな複業ライフ

MENU

明日から仕事だという現実を受け止めたくない。

明日から仕事だということが信じられない。まだその現実を受け止められずにいた。

 

年始から出張仕事だということで、今日は地元福岡から大阪まで新幹線で移動した。

朝8時半、妻に最寄り駅まで車で送ってもらった。

行ってらっしゃいのキスはしなかった。

 

在来線から新幹線への乗り換えは8分しかなかったため、お土産を買い損ねた。

たぶん前乗りしている後輩が買っているから大丈夫だろう。

とりあえず車内でコーヒーだけ買った。約2時間半の新幹線の旅。

手帳にスケジュールを書き込もうとしたが、振動で字がガタガタになりそうだったのでそれはやめて、適当にスマホや景色を見て過ごした。

快適だった。姫路城も少しだけ見えた。

 

昼は駅を出てすぐの中華料理店で餃子を食べた。混雑しているのに厨房の従業員は皆落ち着いて調理作業をこなしているのに感心した。オペレーションが整っている証拠だ。

中華料理店を出てすぐのレンタカー屋に行き、事前に予約していたバンに乗車した。

現場用の作業車はバンに限る。荷物がいっぱい積めて便利だ。

 

それから運送会社の営業所に送った荷物を取りに行ったり少し買い物して過ごし、夕方にビジネスホテルにチェックインした。滞在期間一週間分の料金を前払いした。領収証はチェックアウト時にもらえるのだと説明を受けた。ホテルマンはすごく感じが良かった。

部屋は最上階の5階で、夕方の眺めは良かった。相変わらず人が多くて活気のある街だと思った。

f:id:negibo:20190106221912j:image

夜はビジネスホテルの横にあるコンビニで、サラダとおにぎりを買った。明日からは先輩おすすめの定食屋に行こうと思う。近くに昔ながらの定食屋があるのは嬉しい。楽しみだ。

 

食事を済ませた後、やることもないのでテレビやPCを見て過ごすが落ち着かない。

毎回そうなのだが出張工事初日の前日は少し緊張する。段取りに抜かりはなかっただろうか。工事は順調にトラブルなく進むだろうか。考えても仕方のないことだが、ホテルの静けさがそうさせる。しかも年末年始の長期休暇の後なので余計だ。家族と離れていることも大きい。

 

眠りにつくまでの数時間、この緊張感と不安を一人味わい続ける。毎度のことながら不快だ。