すべてうまくいく日々のブログ

好きなことを仕事に。楽しく豊かな複業ライフ

MENU

社内の根回しなんてダサくて不毛 こんなに必死で頑張ってるのに何で怒られる?サイボウズ 鈴木亜矢子

 商品を提供する相手はお客さんなのに、どちらかというと上司にお伺いをたてたり、社内の調整に膨大なエネルギーを消費しています。

うまく立ち回れればいいのですが、私のように不器用で人付き合いも苦手だと、そこで消耗してしまい、肝心のお客さんのほうに意識を向けられなかったりします。

組織で働く上での宿命のようなものなのでしょうか。

 

社内のチームワーク向上サービスなどを提供するサイボウズ株式会社 プロモーションディレクター 鈴木亜矢子 氏が最少人数でイベント運営するコツをお話されていました。

logmi.jp

最少人数でイベント運営するコツ


Cybozu Days 2018 ダイジェストムービー

 何でこんなに頑張っているのに怒られるのか?

 

当時の私が思っていたことは、「何でこんなにがんばっているのに怒られるのか?」「根回しなんてダサいのに、そんな社内向けの仕事ばかりをしていて嫌だな」などといったこと。そもそも偉い人は、前回指摘したことを忘れて違うことをいうんですよ。

毎回同じ説明をしているのに、指摘されることは毎回違って、不毛なことを繰り返さないといけなくて、若かった私は「バカなんじゃないか」と(笑)。

 

 取り組んでいることに対して、本当にエネルギーを注ぎたい、時間をかけたい部分に注力できないことは苦痛です。

先に進みたくても上司がOKしないから進めない。

報告・相談すればまたやり直すことになるから、ギリギリまでできずにいる。

そして仕事が遅れていってしまう。

 

社内のチームワーク向上サービスなどを手がけ、100人100通りの働き方ができるサイボウズでも、このような事態は普通にあるということです。

組織の中で調整を行ったり、社内向けの仕事をするのは避けて通れない。それを自分の中でどう意味づけするかでストレスの度合いは変わるかもしれません。

 

偉い人は社内調整がうまい人

 

(社内で)偉くなっているということは社内調整が上手なはずだと思いまして、わりと上司には「こういうことを起案したいんだけど、どういうルートで誰に承認をとればいいですか?」というようなことをアドバイスしてもらうようにしました。すると、けっこううまくいきまして、「そうか、上司にはこういうことを聞けばいいんだ」と気付きました。

 

 面白い考え方の転換だと思います。

社内の立ち回りの方法までアドバイスしてもらうという。

業務の効率化や時間を大切にするという観点から、なるべく非効率な時間よりもクリエイティブな時間が多いほうがいいですよね。

おそらく色々指摘してくる上司も、こちらが振り回されて仕事が遅れるなんてことを望んでいないんですよね。

 

上司から信頼されれば、お客さんからも信頼され、日々の仕事がさらに面白くなっていくに違いありません。

 

サイボウズ [まんがで学ぶ 成功企業の仕事術]

サイボウズ [まんがで学ぶ 成功企業の仕事術]

 

cybozu.co.jp