うまくいかない日々のブログ

楽しく働く、楽に生きる。思い通りにいかない人生の日記

MENU

私がバーチャルYouTuber(Vチューバー)になるとき

スポンサー検索

 

こんにちは。ねぎ坊です。
いつも見てくださって、ありがとうございます。

 

滋賀県彦根市に本社をおく株式会社平和堂公式VTuebr(バーチャルYouTuber)従業員がデビューし、実店舗で販売イベントを実施。

イベントを開催した週は、PB商品の販売数が前週比の約3倍になったのだそうです。

www.moguravr.com

平和堂の公式VTuebr(バーチャルYouTuber)従業員のお名前は『鳩乃 幸(はとの さち)』さん。

YouTubeに紹介動画がありました。いいですね、うんうん。

www.youtube.com

 さて、このように今や飛ぶ鳥を落とす勢いで拡大を続けるバーチャルYouTuber、略してVTuebr(ブイチューバー)ですが、急速にその認知度は高まりつつあります。

 

すでに5000人以上いるとされるVTuebr(ブイチューバー)ですが、それぞれのファンも獲得しつつ、このようにマーケティングインフルエンサーとしての役割を担うことも珍しいことではなくなってきました。

 

ではなぜ、それほどまでにVTuebr(ブイチューバー)に人は引き付けられるのでしょうか。

 

VTuebr(ブイチューバー)の魅力とは

matome.naver.jp

 バーチャルYouTuberVTuebrとは2Dもしくは3Dのアバター(キャラクター)を使って動画制作や配信を行っている方々のことですね。

声自体は、人が当てていらっしゃる(のが多い?)ようです。

 

しかしこの3Dモデル、まず見た目がかわいらしいですよね。

とてもよく動きますし、技術の進歩は素晴らしいと感心させられます。

Vチューバーランキング上位者は、驚きのYouTubeチャンネル登録者数を有し、そのキャラクターはフィギュアや写真集も販売されるほどの人気っぷりです。

 

バーチャルの存在

まず彼らはバーチャルな存在(キャラクター)であるため、普通のタレントさんとは違い、何かと安心できる要素が多いのではないかと思います。

 

彼ら本人?が何かの事件に巻き込まれたり、直接傷つけられたりといったことは起こらないわけですから、感情の面から言っても、見ている側からすると安心して好きになったり、応援できたりするわけです。

 

また、彼らをマーケティングに使う側からしても、スキャンダル的なことは起こらないでしょうから、その点は安心できます。

中の人(声を当てて、演じている人)とは全く別の、切り離した存在ですからね。

 

汎用性に優れる

企業・団体とのタイアップやPR担当など、Vチューバーがここまで多様な活躍ができるのは、作品ありきのアニメキャラクターとは違い、その汎用性の高さが要因ではないかと思います。

 

彼らは何にでも、何者にもなれる特性をいかし、容易に自分たちを変化させ、あらゆるオファーに応えることができます。この柔軟性がバーチャルの存在ならではといったところですね。

 

誰でもVチューバーになれる?

vrinside.jp

そしてそんなVチューバーに誰でもなれてしまうというソフトや、スマホのアプリなんかも登場しちゃってます。

 

バーチャルなら、自由になりたい自分になれるわけですし、

何かを発信して人気者になりたいけれど、何かあったとき、自分自身が傷ついたりするリスクは回避することができます。

万一失敗したり、間違ったり、傷つけられたり、嫌われたとしても、それは自分自身ではないので、自分は守られるわけです。

 

技術的なハードルは今後、さらに低くなっていくでしょう。そうなれば、誰でもVチューバーとして活動できるというわけです。

 

おっさんVチューバー爆誕

ということで、私が中身はおっさん、見た目はとびきりかわいいVチューバーとして華々しくデビューする日も来るかもしれないということです。

その日のために、裏声でかわいくお話しする練習をしておこうと思います。

 

キズナアイ 1st写真集 AI

キズナアイ 1st写真集 AI

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。