すべてうまくいく日々のブログ

楽しく働く、楽に生きる。すべて思い通りにいく人生の日記

MENU

トリンドル玲奈 不安に弱く考えすぎ ひとりで抱え込んでしまう気難しい人から「なりたい大人」へ

 子供の頃から一人で考えることが好きで、ご飯食べてるときも風呂に入っているときも、四六時中何かを考えてましたね。

しかもそんな時は、大体ネガティブなことを考えてしまっています。

一人で勝手に不安になったり、自己嫌悪に陥ったり・・・。

そんな時は全く時間を楽しめていなかったんですよね。

とはいえ最近ようやくノンストレスで充実した毎日を送れるようになってきました。

www.goldnegi.com 

 モデル、TVやドラマで活躍中のトリンドル玲奈さん。不安に弱く考えすぎな自分から、心地よく生きるためにやめたことを語られていました。

withonline.jp 

不安に弱く考えすぎ ひとりで抱え込んでしまう

www.youtube.com

 

 “一度始めると徹底するタイプ” なので、たとえば夜更かし=美容に悪いからと、眠くもないのに無理やり寝ようとしたり(笑)。今は"ルール"を守ることよりも、 “気分や体調に合わせて。” それくらいのほうが体にも心にもいいみたいです。

 

世の中はたくさんの情報に溢れていますからね。

何が自分には合っていて、何が合わないのかはひとそれぞれ。

情報を鵜呑みにして自分自身の状態を無視すると、やっぱりうまくいかないんですよね。

でもそれで落ち込んだり「やっぱり私は何をやってもうまくいかないんだ」とか「何をやっても継続できないんだ」なんて自分を責める必要はありません。

自分に合うものを探していけばいいんです。

 

 

仕事は自分の人生の一部だから、 “自分のために頑張らないと、” と思っていました。だからすべて “自分に返ってくるし、受け止めるのも自分。” それがつらいなと思うこともあって。

 

 物事を無理やり前向きに、ポジティブにとらえようとして私も苦しんでいました。

「この出来事にはきっと意味がある」とか「今必要だから困難が訪れた」とか。

でも嫌な事が起こったら嫌な気分になるし、辛いことは辛い。

それを無理やり前向きに考えようったって、それは無理なことだし不自然なんですよね。

 

 

ステキだなと思う人は、いつも明るくて楽しくて、いい意味で頑張りすぎていない。ひとりで考えていても、発想やアイデアにも限度があるんですよね。今は考えすぎず、相談もするようになりました。実際、考えすぎないほうが、うまくまわるのかなと最近は思えるようになりました。

 

 人に相談するのは私もとても苦手としていましたね。

批判されたり否定されることが怖かったし、自分の弱さを誰かに見られるのも嫌でした。

でも誰だって弱いし悩んでいる。

そのことが分かってからは、自然に自分の気持ちを誰かに話せるようになったし、本当に楽になりました。

弱いことは悪いことでも恥ずかしいことでも何でもない。

特別なことをしなくても、誰でも心地よく生きることはできるってことです。 

 

コトリんどる。

コトリんどる。

 

 

ameblo.jp

reina-triendl.jp