すべてうまくいく日々のブログ

好きなとき好きな人と好きなことを好きなだけ遊ぶ

MENU

セオン・ロンゲスト 毎日がイヤでたまらなかった 孤独と退屈から救ってくれた料理が人生を変えた

ありのままの自分でいること。ありのままの自分を表現すること。

最近よく聞く言葉ではありますが、それっていったいどういうことなのか。

今の自分はありのままではないってこと?

どうすればそうできるの?

できたらどうなるの?

言葉で書くと簡単そうに見えますが、これができずに苦しんでいる人は多いといわれています、特に日本では。

私もずいぶんと長い間、自分の心で感じていることが分からずにずっと苦しんでいました。

www.goldnegi.com

アメリカのフードインフルエンサーとして大注目のセオン・ロンゲストさん。

孤独で毎日がイヤでたまらなかった日々からSNSフォロワー300万人を越えるまでになった理由を語られていました。

www.glitty.jp

孤独の中から美味しいものを作って食べる幸せに気付いた

www.youtube.com

 

「そう、本当に孤独でつらかったの。始めに住んだ町はミシシッピ州の本当に小さな町で、何もなかった。毎日がイヤでたまらなかった。

でもね、いま思い返してみると、あの経験がなかったら料理も始めていなかったし、モチベーションやパッションは生まれてこなかったの。だから、いまになれば、あのときが私の人生のなかでいちばん意味のある時間だったと言えるわ」

 

 もしも嫌な経験や辛い体験をしなくても済むのであればそれに越したことはないし、幸せならそれでいいと思います。

しかし「辛かった経験が今の原動力になっている」とセオンさんは述べていることから、彼女はそれを無駄にしなかったということですね。

だた辛く悲しい経験をしても、誰もがそれを原動力にして成功につなげられるとは限りません。

それだと辛い経験をした人は程度の差こそあれ、皆成功することになってしまいます。

今生きている時間を、自分にとって意味あるものにするかは自分次第だということですね。

 

成功の理由は自然体でオープンでいること

www.instagram.com

 

セオンに会ってみて、彼女がどうしてここまで料理でインフルエンサーとして成功したのか、納得することができました。

それは、とにかく彼女自身が自然体で、オープンであること。

私も彼女と同じ移民。アメリカに来た4年前、環境の変化についていけず、日本での眩しい思い出ばかりに思いを寄せ、新しい土地での孤独感に打ちのめされ、まったく前に進めませんでした。

あのころ、セオンのストーリーを知り、彼女に会っていたら、もっと早く前に進めたのかもしれないと思います。

 

 もちろん私も自然体でオープンでいたいと思いますし、そうしたいと思う人はたくさんいることでしょう。

ですがそれができなくて苦しんでいる人もたくさんいると思います。

けっこう、いやかなり難しいことだということかもしれません。

 

皆がやりたくてもできないことができたからこそ、彼女は成功したということですね。

 

YouTubeで稼ぎたい、ツイッターで成功したい。

自分の情熱やその表現方法は、際限なく選択肢はあります。

成功の形も人それぞれです。

 

自分らしくいることが成功につながるって、とても素晴らしい世界だと思いますね。

 

www.instagram.com

seonkyounglongest.com