世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。

退職代行サービスの需要が急増。料金や評判、サービス内容とは

f:id:negibo:20181206183748j:plain

こんにちは。ねぎ坊です。

headlines.yahoo.co.jp

 現在退職及び転職活動中の私にとっては、当然目に付く記事ではありまして。

強固な引き留めで退職できないケースが続出

退職代行サービスは、退職を希望する人が3~5万円程度の費用を支払うことで、会社への退職の申し出を代行してもらうサービスだ。「今すぐ辞めたい」「苦痛から解放」「退職成功率100%」といった痛烈な売り文句が並ぶサイトから、メールやLINEで簡単に申し込みできる。

BUSINESS INSIDER JAPAN 様より引用

 

 退職する側も、会社側も従業員の退職というものに対して不慣れであり、退職によってどちらか一方もしくはお互いが不幸になることを回避するというこの「退職代行」サービス。

大きな需要があり、急速に拡大しているのだそうです。

見た目のインパクトからも、社会的な注目度が高いのもうなずけます。

 

また、逃亡型の退職:引継ぎレス問題に対してどう対処するのか、考えさせられる部分ではあります。

  

news.nifty.com

 この「退職代行」サービスについてモデルのゆきぽよさんが、「いらない」と辛辣発言を行ったことに関して批判が殺到していることからも、世の関心が高いことがうかがえます。

 

退職する側の私からすると、やはり去ろうとしている会社の残務整理や引継ぎは、気持ち的にも重く、とても積極的にはなれません

周りも辞める人間に対して、そんなに気遣う必要もないわけで。むしろ冷ややかな態度であるわけです。

 

そんな中、無意味な引き延ばしやらなんやらで振り回されるのですから、こちらとしては次の職のことに集中したいのにできない、といった感じですね。

 

実際、会社に対して退職を申し出てから4カ月、その内2ヵ月間は出張を命じられ、会社との交渉も引継ぎも転職活動も、かなり制限のある状態を今現在も強いられています。

 

この無駄なエネルギーと時間を、お金を支払って代行・交渉してくれるんだったら、自分のしたいことに集中できるのにと思ってしまいます。

もちろん人によりますが、今大変な思いをしている私からすれば、魅力的なサービスだし、もっと深刻な状況の人にとっては、藁にもすがる気持ちかもしれません

 

ここまで言っておいて―という気もしますが、「退職代行」サービスを実際に利用しようとは思っていません。(頼まんのかーーい 声:宮野真守

既存の行政の窓口やサービスもありますし。

 

私としては、もっとうまく立ち回ることができれば、スムーズに退職できたのではと思うこともありますが、今できることを精一杯やると決めて、気持ちを切り替えて行動しています。

 

急拡大するこの「退職代行」サービスが今後どのような形になるのか。

トラブルに対して第三者に介入してもらうという意味で言えば、もし本当に追い詰められていたり、思いつめてしまっている場合は、相談してみるという手もありかと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。