すべてうまくいく日々のブログ

好きなことを仕事に。楽しく豊かな複業ライフ

MENU

ブログ 更新するだけじゃ量をこなすだけじゃダメ?!文章力も上がらない いつまでたっても稼げない

 四の五の言わず、とにかく毎日ブログを更新し続けていれば、そのうち文章力も上がり、魅力的な表現ができるようになる。

やがてアクセスも集まり、収入も得られるようになる、と考えていた時期が私にもありました。

とはいえ、半年たっても1年たっても、文章自体はそれほど変わっていなかったわけで・・・。

 

今も変わらず日々の出来事や感じたことを好き勝手に書き連ねてはいますが、当初はとにかく書けば上達するくらいにしか考えていませんでしたね。

 

Webライターやブロガーなどマルチに活躍する俵谷龍佑 氏が、文章を書く上で量をこなすよりも大切な上達のコツを話されていました。

studywalker.jp

書いただけで満足しない

 

大量に仕事をこなすだけが、ライティング技術を向上させる方法ではありません。「インプット」の時間も「振り返り」の時間もとれていないと、ライターとして上達しないことが後々になってわかったのです。

 

 たしかに当初ブログを書き始めた頃は、1,000字書くのにもかなりの時間がかかっていました。3~4時間とか。

1つの記事につき1,000字を1つのゴールに設定していました。

そしたらもう書いた事に満足し、読み直したりする時間はなかったですね。

有名なブロガーさんや、魅力的な文章を見て勉強したりすることもありませんでした。

 

とにかく量をこなすことばかりに集中していた結果、いつしか目的を見失いブログを放置すると言う挫折も経験しました。

 

読み手側の視点に立つこと

 

ライティングのスキルアップで重要なことは、自分の間違っている部分、足りない部分に自ら気づくことです。気づけないということはなく、ほとんどの場合は自分が書いた記事を読み返していないだけです。ただ読むのではなく、ユーザーになった気持ちで記事を読みましょう。

 

  読む人の視点、目線をどこまで意識できるか、これが分かれ道になってくるのでしょう。

知識としては分かっていても、これがなかなかできない。ビジネスと同じですね。

ただ、とはいっても書いていくうちに、記事をまとめる時間は短縮されていきます。

慣れというやつですね。

そうすれば、その分空いた時間でインプットと振り返りの時間を確保できるようになりますから、量をこなすこと自体が間違っているわけではないと思います。

 

必要な人はブロガーのためのコミュニティに参加して1から教えてもらうのもありかもしれません。

まずは自分が読んでみて面白いとか読みやすい、興味深いと思うような文章をこれから書いていけば、自然とアクセスも上がってくるでしょう。

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方