うまくいかない日々のブログ

楽しく働く、楽に生きる。思い通りにいかない人生の日記

MENU

【本音】残業なくすより給料上げろ!副業なんてしたくない

スポンサー検索

 

f:id:negibo:20181229001047j:plain

こんにちは。ねぎ坊です。
いつも見てくださって、ありがとうございます。

 

労働時間の削減、ワーク・ライフ・バランスの実現などが叫ばれている【働き方改革】。

その中で、理想と現実の間に大きな歪みが生まれているようです。

というかそもそも、働き方改革の目的って何?

 

www.sinkan.jp

 

「働きやすさ」ではなく「働きがい」

ただ「早く帰れ」って言われてもね

 残業削減を推進した結果、サービス残業が増えるなんてことになれば、目も当てられません。現場としては、終わらせなきゃいけないから残業するわけで。

早く帰るよう言われ、かつこれまでどおり結果出しなさいといわれても、現場は混乱するばかりでしょう。

 

私の建設業の現場監督の仕事では、現場に出ているときは当然現場やその日の書類が終わるまでは帰れないわけですが、それ以外のときは上司がいれば帰らずに無駄に残業する。上司がいなければ早く帰るというのが通常です。

もっと根本的な部分に焦点を当てる必要がありそうです。

 

売上げが落ちてもいいの?

社員が残業せずに早く帰ることが、必ずしも売上げが落ちることに直結するとは限りませんが、目的を履き違えるとうまくいかなくなります。

 

残業しないことが目的になり、今日できる仕事を明日に繰り越したり、手持ちの仕事を増やしたくない、仕事を引き受けたくないという意識が先行し、その結果社員同士の不和やひいては客先への信頼を損ねることになりかねません。

 

実際、「働き方改革だー」と言って、用事があるからと仕事ほっぽり出して半日で帰っちゃう人とか、周りにいたりするわけで(笑)。こ、言葉だけが先行してる感。

 

「労働時間削減」より「給与アップ」

やはり労働時間削減よりも、給与アップを望む声が多いようです。

特に若いうちは体力もありますから、それで副業の注目度が高まっていることもうなずけます。

空いた時間で副業をやるぞと意欲のある人は良いかもしれませんが、自分には知識もスキルもないし、何したらいいのか分からない。かといって特にやりたい趣味もない。

それであれば今の職場でもっと働いて稼ぎたいと思う人も多いと思います。

 

頑張るだけ損

私が感じるのは、仕事をすればするほど疲弊するばかりで何のメリットもないというところです。

私の場合、管理職であるため残業代はありません。また残業がつく人も上限のため、実際の残業時間によって賃金が変わることはほぼありません。

それよりも周りの同僚がこぞって意識するのは、どの現場の担当・配属となるかです。

 

それによって仕事のやりやすさや、出張の手当など受けられる恩恵は全く違ったものになるというのが現状です。誰がどこの担当となるか、これは上司によってほぼ一方的に決定されます。

これでは働きがいも何もあったものではありません。運です、運。

 

まとめ

このような現状があったからこそ、私は今の会社を辞めてやりたい仕事をやると決意するにいたったわけですが、退職するにあたり社長と面談する機会も何度かありました。

その中で私が感じたのは、現状における社長の考えとの温度差とギャップでした。

これを今から埋めるのは相当困難であると感じてしまいましたね、悲しいですが。

 

社員の責任感や向上意識、客先の評価など、それらを結果とともに汲み取れるような、本人が働きがいを感じられるようなシステムを組織として構築できるかどうかが、今後の企業のあり方に大きくかかわってくるのではないかと思います。

 

 ↓ こちらの記事も

www.goldnegi.com