すべてうまくいく日々のブログ

楽しく働く、楽に生きる。すべて思い通りにいく人生の日記

MENU

10年務めた会社を辞め、やりたい仕事をやろうと思ったきっかけ

f:id:negibo:20181221115846j:plain

こんにちは。ねぎ坊です。
いつも見てくださって、ありがとうございます。

 

さて、この度40歳を目前にして10年間勤務した会社を辞め、新しい会社で働くことになりました。

業種もこれまでとは全く別で、しかもこの年齢での転職とあって家族には心配をかけましたが、理解してくれたことに感謝しています。

 

www.goldnegi.com

ではなぜ、10年務めた会社を退職するに至ったのか。そしてやりたい仕事をやろうと思ったきっかけは何だったのか、整理してみました。

皆さんの気づきに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

環境の重要性

いつも自分の周りにはどんな人がいるのか、どんな人に囲まれているのか、とても大事です。やっぱり周りの人の影響を必ず受けてしまうんですよね。

 

接する機会の多い周りの人たちが、

  • 誰かの悪口や会社の愚痴ばかり言っている。
  • 自分以外の事には全くの無関心。
  • 常に責任回避と自己防衛に奔走し、無難であることが評価のカギ。

 

その様な考えの人が多いと、初めは違ってもやがて自分もそうなってしまうということです。

10年近くも勤務すれば、周りの人や環境に感化され、仕事が忙しいのも相まって疑問に感じることもなくなっていました。

自分は悪くない。自分以外の誰かが悪いって、ずっと思っていました。

 

違和感だらけの毎日

しかし今年に入り、幸か不幸か仕事上でのトラブルが続き、そこからどうしても逃れたくて職場以外の人と交流を持つ機会を、自分でつくりはじめたのです。

 

これまで接したことのなかった人たちや、目を向けたことのなかった環境に触れることでそこから、「なぜ自分はここにいるのか、何のために?」と、今の環境に対する違和感が自分の中で大きく膨らんでいきました。

「何をするか」よりも「誰とするか」が私にとっては重要なことでした。

 

人間関係のトラブル

そんな中、人間関係のトラブルは絶えませんでした。

原因は様々ですが、私自身がやりたくないこと、嫌なことを我慢し続けていた結果なのだと今は解釈しています。

自分の気持ちを無視し続けていたんです。忙しさを言い訳にして。うまくいくはずなどありません。

 

そして今年の夏、仕事関係で信頼していた方からの裏切り?に遭い、相当なショックを受ける事件がありました。そのことが最終的に引き金となり、退職を決意するに至りました。

 

優先順位の食い違い

色々ありましたが退職に関しては、会社から求められることと、私のやりたいことがマッチしなかったというのが大きな原因だと思います。

お客さんが求めるものを提供したいー誇りを持って働いていた私の気持ちと、周りの人たちの思惑が食い違っていたのですから仕方がありません。

 

どちらが善い悪いではなく、ただ意見が合わなかっただけだと思っています。

ただ、10年間勤務させていただいた事、経験を積ませていただいたこと、お世話になった先輩方や仲間に、本当に感謝をしています。ありがとうございます。

 

私のやりたい事って何?

仕事に対する違和感が大きくなっていくころ、「じゃあいったい何がしたいの?」と自分自身に何度も何度も問いかけました。

なかなか答えが見えてこない中、何を血迷ったのか仕事以外でこれまでやったことが無いことを次々やってみるという暴挙に出たのです。

 

はじめての1年生

ブログをはじめたり、フィットネスジムに通い始めたり、異業種交流会を主催したり、セミナーや勉強会に参加したり、バーベキューしたり、海外に一人で旅立ったり、尊敬する人に会いに行ったり・・・

今年1年で数えきれないほど新しい経験をしました。そのためにお金も時間もそれなりに投資しました。そう、39歳にして遊び始めたのです。

 

子供の存在

そんな遊びや取り組みの中の一つとして、自分の小学生の子供2人にもっと向き合うように心がけてみたのです。これまでよりもさらに注意深く、真剣にです。

 

そうすると、彼らの発想の自由さ、感性の豊かさ、そして好きなことに対する没頭力に本当に驚かされました。子供たちが本来持つ好奇心や興味を自然に引き出せれば、彼らの可能性は無限大だと感じたのです。

そして、一人一人がその多様性や創造性、感性を環境によってしっかり育まれた彼らが大人になれば、社会はもっとより良いものになると確信できたのです。

 

ありました。こんなに近くに。私の非常に興味のあることが。

 

やりたくないことはやらない

これまで教職課程はおろか、塾の講師やスポーツ関係など、教育という名のものに携わったことは一度もありません。

しかし人の学習環境に関わる仕事がしたいと、本気で思ったのです。

なぜ急に興味がわいたのか、自分でも全く分かりません。

 

しかしもう、やりたくないことはやらないと決心し、やりたいことを仕事にすることを選択しました。

これまで、そうしてはいけないという思い込みが、自分の中にあったように思います。

何を選択するかは、自分にしか決められないんですよね。

 

仕事をする、働くという時間は、一日、一年、一生の中でもかなり大きな割合を占めるものです。その時間をどんな内容にするかは、自分の人生をどう生きるかに深く関わるものだと思います。

これからも自分の未来をあきらめず、めいっぱい楽しみます。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。

 

 ↓ こちらの記事も

www.goldnegi.com