すべてうまくいく日々のブログ

好きなことを仕事に。楽しく豊かな複業ライフ

MENU

休日に仕事の電話が来たら、携帯を投げ捨てたくなる

f:id:negibo:20181229000734j:plain

こんにちは。ねぎ坊です。
いつも見てくださって、ありがとうございます。

 

せっかくのお休みの日に、携帯電話に仕事の電話が。思い切って出ないという選択肢もあると思いますが、相手が困っている場合もありますし、迷うところではあります。

 

建設業の現場監督をしていたときは、現場の都合で休みは不定期。関係先も多いため、平日の振り替え休日には仕事の電話が頻繁にありました。

こっちは休日返上で仕事したのを、関係先全てが無論知るわけもなく・・・

「えー、お休みだったんですか。申し訳なかったです。ちょっと確認したいことがー」

と、そんなやり取りをした後は、休日気分が台無し。相手に罪はないんですけどね。

 

平日の振り替え休日の日はゲームしながら、「電話かかってくるな、くるな」と呪文を唱えていました。さすがに関係先がどこもお休みの年末年始まではありませんでしたが。

 

 

休日の仕事の電話、どう対処する?

休みだと相手に伝えるのは二流・三流

相手に「お休みなんですけど―」と言ってしぶしぶ対応したり、「休み明けに対応します。」と言っちゃったりするのは二流・三流の対処だそうです。

 

え、でもせっかくのお休みだし、電話に出るだけまだましじゃん。だって相手は自分を頼って電話してくれたんだし、相手を大切にする仕事できる俺最高。

でも仕事モードに頭が切り替わっちゃって気分はドンヨリ、みたいな。

 

これは休日を権利としてとらえている、ということのようです。

いや、はい、その通りでございます。

 

超一流は常に仕事中

超一流の人間や事業主であれば、顧客や仕事の関係先は全てライフラインととらえるため、迷うことなく「仕事中です」と答えます

つまり彼らにとって休みだろうと何だろうと、仕事の電話に対応するのは当たり前のこと。せっかくのお休みに仕事の電話がーなんて感覚は無いということです。

 

サラリーマンに毒され、義務感で仕事していた私には、そんな感覚はありませんでしたし、そうなりたいとも思わなかったでしょう。

 

仕事も趣味も、ライフスタイルの中の一つ

今は、仕事とプライベートをはっきりと区切るのではなく、なんとなく全て自分の生活の一部であると考えるようにしています。

あの、休みの日に電話がかかってきて、無理やり仕事モードにさせられる感覚、嫌ですね。もう味わいたくありません。

 

 仕事させられてるという感覚ではなく、そう考えたほうが楽だし、精神衛生上も良いような気がします。

 

zuuonline.com

超一流、二流、三流の休み方

超一流、二流、三流の休み方