すべてうまくいく日々のブログ

楽しく働く、楽に生きる。すべて思い通りにいく人生の日記

MENU

入場料1500円の本屋『文喫』。六本木に新感覚の書店が開店

f:id:negibo:20181212014643j:plain

こんにちは。ねぎ坊です。
いつも見てくださって、ありがとうございます。

 

一昨日の記事の中で、

居心地が良くて魅力的な本屋さんがたくさんできてくれたらいいな。

多くの人が行きたくなるようなお店の工夫や独自性を、お客さんは求めているのでは?

 

といった内容を書きましたが、そんな独自性と付加価値を持った書店が開店しました。

 

bunkitsu.jp

 東京 六本木にオープンした『文喫(ぶんきつ)』という新たなスタイルの本屋は、1500円を支払って入店する入場料制

入場料を支払うと1日中店内を満喫でき、珈琲と煎茶がおかわり自由。

料金は、映画館や美術館を意識したものだそうです。

 

アートや科学といったマイナー系まで約三万冊の書籍が並んでおり、高額な写真集やイラスト集なども販売されています。

にもかかわらず、店内に検索機は置かれておらず、50音順に並べられていないというのですから驚きです。

 

本と出合うための本屋

合理性や効率、利便性だけを重視したせっかちな社会とは間逆の空間が、『文喫』の中には広がっているのかもしれません。

誰にも邪魔をされず、ゆっくりとコーヒーをのみながら、気の向くままに本を探してみるというのも、非日常的な気分を味わえそうです。

それこそ、映画館や美術館での鑑賞と似た体験といえるのかもしれませんね。

 

昔、小学校の図書館には古い本がたくさん並んでいて、特に目的もなく闇雲に面白そうな本がないか探していました。果たしてそこには、新しい発見やワクワクがあったように思います。

そんなような感覚を体感する、そしてその空間を味わう、それらの付加価値に対する入場料ということではないかと思います。それプラス購入もできますよ、みたいな。

 

本を探したり選んだいする時間を楽しむ

もし希少で手に入りにくい本が欲しいだけなら、電話で問い合わせるか、取り寄せてもらえばいいだけですからね。わざわざ入場料を払って、3万冊の中から探す必要はないわけです。やはりそれとはちがう、本を通じた新たな発見や出会いがうまれるお店だということなのでしょう。

 

他にも『文喫』の店内には、一人用、複数人用の研究室や、食事のできる喫茶室もありますので、1日中楽しめそうです。

本好きの方はもちろん、美術館に行くような感覚で足を運んでみるのも楽しいかもしれません。

 

www.cinra.net 


入場料1500円の本屋ってどう? 斬新な5つの売り(18/12/15)


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。