世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。

「アホとは戦うな!」著者、6歳の娘の学習環境について

f:id:negibo:20181205032339j:plain

こんにちは。ねぎ坊です。

 

様々なご経験と多数の著書などでご活躍をされている田村耕太郎さん。

田村耕太郎さんの娘さんの通われているシンガポールのインターナショナルスクールについての記事にとても感動いたしました。

www.businessinsider.jp

 

 インターナショナルスクール「UWC South East Asia」の哲学は、

「子どもたちが自ら情熱を燃やせるものを見つけられるよう、学校と家族が一体となってあらゆるドアを開く」というもの。富国強兵のために軍人や官吏を養成しようしてきたシステムが色濃く残る、日本の学校教育とは全然違います。

BUSINESS INSIDER JAPAN様より引用

 

物事の動機付けや意義、目的といったものを単なる説明だけでなく、絵に描いたりコミュニケーションやディスカッションを通して学習すること。

これは、単なる知識を記憶することとは全く違う、子供たちにとって腑に落ちるような学習であることが想像できます。

 

このような本質的なことを早い段階で学ぶ機会は大変貴重なものであると考えます。

むしろ早ければ早いほど、その後の成長過程において大きな影響を与えるに違いないでしょう。

 

「考え抜く人、行動する人」を育てる

UWCのインファントスクールでは、すべての学びは「遊び」にしてあります。まずは子どもたちの探求心にまかせる一人遊びをさせて、その成果を後でみんなで分かち合うプロジェクトを行うのです。

 BUSINESS INSIDER JAPAN様より引用

 

せっかく学校という場にたくさんの同年代の子が集まるわけですから、そのことに意味を持たせること、その環境を活かすことはとても重要なことだと考えます。

 

私たちが慣れ親しんだ、1つの正解にいかに早くたどり着くかだけの単純な繰り返しの訓練ではない、子供たちが本来持つ好奇心や興味を自然に引き出す教育がここにあると感じます。

 

娘の学校では、どんな時代になっても世界のために、情熱のままに自分を最高に活かせる「自立して考え抜く人(Thinker)・行動する人(Doer)」を育てることを目指しています。 

 BUSINESS INSIDER JAPAN様より引用

 

本当に素晴らしいと思います。

このような素晴らしい教育を受けた子供たちがたくさん増えれば、社会も今よりもっと素晴らしいものになると思えますし、その環境づくりに私も貢献できればと思います。

 

UWCの学習環境はもちろん、田村耕太郎さんのお考えにも感動しました。

 

田村耕太郎(たむら・こうたろう):国立シンガポール大学リー・クワンユー公共政策大学院兼任教授。ミルケン研究所シニアフェロー、インフォテリア(東証上場)取締役、データラマ社日本法人会長。日、米、シンガポール、インド、香港等の企業アドバイザーを務める。データ分析系を中心にシリコンバレーでエンジェル投資、中国のユニコーンベンチャーにも投資。元参議院議員。イェール大学大学院卒業。

 BUSINESS INSIDER JAPAN様より引用

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。