うまくいかない日々のブログ

楽しく働く、楽に生きる。思い通りにいかない人生の日記

MENU

最後の工事出張3日目、やることはほとんどない

スポンサー検索

 

現職での最後の出張工事3日目、昨日までに比べると気分はいくぶんマシになった。

 

新年の挨拶と担当が変わることは昨日までに一通り関係者には伝えたし、今日はやることはほとんどない。

 

現場は後任の後輩に任せ、事務所で書類の整理をしたり、私物の整理をして過ごした。

とはいっても出張先で客先から支給されている仮事務所のため、本格的な私物の整理や退職の手続きは、出張が終わった来週からだ。

 

今月末には退職というのに、十分な時間が与えられていないことにストレスを感じる。

有給休暇など消化できるはずもない。

 

ぼやいても仕方がないので適当に仕事をしているとなぜだか時間が過ぎるのが早かった。特に何も感じない、無の時間だ。

 

そんな中、上司から携帯に電話があった。

明日から出張先のこちらに本社から来るそうだ。しかも3日間。要件は伝えられなかった。

指示通り同じビジネスホテルに電話して喫煙の部屋を3日間予約した。

 

上司と私の年齢は同じ。

彼はプロパーで私は中途採用のため、経験年数は彼の方が数年長く当然立場も上。

 

彼は私の所属する部署の課長で、私の役職は係長。

しかし部署内に〇〇課も〇〇係も存在しない。

彼が一体何課の課長で、私が一体何係の係長なのかは不明だ。

 

勤務年数に伴うランク付けのようなものだ。

カードゲームで言うところの、

SP:スペシャ
EX:エクストラ
R:レア
N:ノーマル

とかそんな感じだろうか。

 

係長である私のランクは、ノーマルに近いレアといったところだろう。

ゲーム初心者には嬉しいが、中級者になるともう使えなくなるくらいのランクだ。

 

 

定時で現場を後にし、ホテルで着替えを済ませて昨日と同じ近所の定食屋へ。

昨日は豚肉とニンニクの芽炒め定食750円(税込)。

今日は焼肉定食800円(税込)を食べた。家庭的で優しい味なのが嬉しい。

f:id:negibo:20190109041712j:image