世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。

MENU

【異業種交流会】を開催することはできるのか。「嫌われ者」の僕にとっては、苦手中の苦手分野だ。

f:id:negibo:20180328143026j:plain

【異業種交流会】を企画したいと考えだしたのは、つい数日前のことだ。

もう少し気軽に言うと、【カフェ会】とか【お茶会】とか言われているものである。

 

以前、一度だけ潜入してみたことはある。

 

  ↓ ↓ その時の記事はこちら ↓ ↓

www.goldnegi.com

 この時は数十人が参加する「交流会」であり、僕が勝手に想像していたビジネス寄り?のものではなかった。

会の説明文には異業種交流の趣旨は記載されていたが、参加者の大半は異性との出会いを求めて集まっているという感じだった。

 

その時の居心地の悪さと言ったらなかった。

 

ではなぜ、参加する側から主催者側を経験してみたいと思ったかというと、これから予定されている社内の歓送迎会の幹事をすることになったからだ。

 

これについては自分から手を挙げた形なのだが、仕事上の業務とは別にこの企画力、段取・調整力、人を集める力をもっと磨きたいと思ってのことだった。

 

 はっきり言って人間関係を上手く築くことが出来なかった「嫌われ者」の僕にとっては、苦手中の苦手分野だ。

 

  ↓ ↓ その時の記事はこちら ↓ ↓

www.goldnegi.com

しかし社内の歓送迎会、これは今の職場関係、仕事上の立場があって成立するものであり、結局その枠から出ることはできないと考えた。

もちろん幹事の仕事はしっかりとやるつもりだし、皆を喜ばせたいと思っている。

だがもう一つ自分の殻を破るには、会社の枠組みを飛び出し、僕個人としての経験を積みたいと考えている。会社の中に閉じこもっているのではダメだ。

 

そこで、とりあえず「交流会」に参加して主催者の方に話を聞こうと目論んだ。

 

近場で探してみるがなかなか見つからない。

もっと人口の多い大都市であれば容易に開催されているのであろうが、今住んでいる地域では企画自体が少ないのではと感じた。

 

しかし少ないながらも個人や組織で開催されている方を探し出し、一人の方とコンタクトをとることに成功した。

近日開催される「カフェ会」の前の時間に、お話を伺える約束を頂いた。

そして、そのまま「カフェ会」に参加させていただく流れだ。

 

場所は自宅から車で片道2時間位かかるが、せっかく機会を頂けたので、終業後になんとか駆け付けたいと思う。

 

と、こんな具合に新たな挑戦でスケジュール帳がどんどん埋まっていっている今日この頃なのだが、危ぶめば道は無し。恐いはGO!を合言葉に突き進んでいきたい。

 

果たして【異業種交流会】を開催することはできるか。報告レポートはまた後日書きたいと思う。

 

読んでいただいてありがとうございます。