すべてうまくいく日々のブログ

好きなことを仕事に。楽しく豊かな複業ライフ

MENU

副業で月20万円 働かなくてもお金が入ると仕事へのやる気が激減 生きることに価値を見出だせなくなる?

 もっとお金があれば、アレもできるしコレもしたい。

そのためには今の仕事の他に収入源があれば、もっと豊かに暮らせるだろうと思いますよね。

新たなキャッシュポイントを作るため、日々研鑽されている方も多いと思います。

一生お金に嫌われない生き方をぜひしたいものです。

www.goldnegi.com

 資産運用だけで月20万円ほどの稼ぎを手にできるようになった、41歳の独身男性の悩みが話題となっていました。

 

仕事はお金を稼ぐためだけ?

 

 投稿者は、仕事は忙しくストレスフルではあるが、その分給料はいいと語る。しかしお金への不安がなくなった今、「ボーッとしている時間も増えてきた気がする」と仕事が手につかなくなったという。

 

 投稿のコメント欄には、「仕事辞めて週3でバイトする」や「現場の士気が下がるのでリタイヤせよ」といった意見があったようです。

仕事をお金を稼ぐだけの作業として捉えると、他にその手段ができた場合に目的を見失ってしまうのは当然かもしれません。

ですが仕事の中にはお金を稼ぐこと以外にも、自分にとって有意義なものは多数あります。

自分の力でお客さんの幸せに貢献できている実感は、そう簡単に味わえるものではありません。

というか、仕事を収入のためだけと割り切るほうが、何だか難しいような気がします。

 

何のために頑張るのか

 

妻子が入れば何かとお金が必要だが、一人ならそこまででもない。ストレスフルだが給料が高い職場だというが、投稿者が何のためにこんなに頑張っているのだろうと思うのも無理もない。

 

 どんな仕事でも、自分の中の意味づけをしっかりすれば目的を見失うことはないのではないでしょうか。

今の仕事が自分にとってどんな意味があるのか、この仕事から何を得るのか。

それさえしっかりしていれば、副業で20万円稼ごうが200万円稼ごうが、自動収益源で不労所得を得ようが、モチベーションが下がることなんてない。

ガンガン稼いでも、なんら問題はないということです。

遠慮も迷いも必要ありません。

いーんです、どんどん豊かになって。

だから今必死に収入源を作ろうと努力していることは決して無駄ではない

必ず楽しくて豊かな未来へとつながっているはずです。

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)