世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。

【師走】1年があっという間?!どうして時間が早く過ぎる?

f:id:negibo:20181202182227j:plain

こんにちは。ねぎ坊です。

 

さて、12月に入り今年も残すところあとわずかとなってまいりました。

といっても、私自身にはあんまりそんな自覚が無かったりするわけです。

 

でも会社の中の周りにいる人たちは一様に、

「いやあー、今年ももう終わりかぁ。早かったなー。」

「何だか年を取るごとに、どんどん時間がたつのが早くなっている気がする。」

「1年たつの早かったー、あっという間だった。」

と、そんな会話をよく耳にします。

 

でもって、それに対して同意を求められることもしばしばですが、私としては

「はあ、そうですか。」

みたいな、そっけない反応になってしまうわけです。

 

なぜならば、私はここ近年の時間を、

とーーーーーーーーーーーっても

ながーーーーーーーーーーーく

感じているからなんです。

 

私も数年前まで同じような、時間がとっても早く過ぎ去っていっているような感覚を感じていました。

だからこそ、今との違いが良く分かります。

「え、まだ12月なの?遅っ」といった感じです。

 

ではなぜ、こんなにも時間の感じ方に違いが生じるのか。

時間って皆に平等なものなんじゃないの?

楽しいことしてると、時間がたつのが早いっていうけど、それってどういうこと?

 

これまでの私と、今の私。それと周りの人との違いは何なのか。調べてみました。

皆さんの気づきに少しでもお役に立てれば幸いです。

目次

 

年を取れば、時間は早く感じる

同じ一年でも、

50歳の人にとっては・・・1/50

5歳の子にとっては・・・1/5

 

そりゃあ感じ方に違いが出るってものですよね。

1/50と1/5では全然ちっがーう。

年を取れば時間の経過が早く感じられるのは、このことからも理解できます。

 

年齢を重ねることで時間が早く感じられることは分かりましたが、ではこれまでの私と、今の私。それと周りの人との時間の感じ方の違いは何なのでしょうか。

 

毎日同じことをしていると、時間は早く感じる

f:id:negibo:20181202182018j:plain

若い頃は、新しい体験や発見がたくさんありました。

特に幼少期は新鮮な出来事の連続であったに違いありません。

 

私たちの脳は、新しい情報を処理するには時間が必要で、悩んだり考えたり、情報を蓄積するのに忙しく、そのために時間の経過が遅く感じられるのだそうです。

 

逆に、経験を積み慣れてくれば、脳も情報を処理する時間が短くなっていきます。

それによって、時間を早く感じることになるのです。

 

つまり、新しいことに挑戦せず、毎日同じことを繰り返していると、あっという間に時間が過ぎ去っていくということになります。

脳が退屈してしまっているといった感じでしょうか。

 

どうすれば時間を長く感じられる?

新しいことや、やったことが無いことに挑戦するのって、エネルギーが必要だし、正直面倒くさいですよね。

もしやらなくていいんだったら、それこそ時間の無駄なのでは?と思われるかもしれませんが、そうではないようです。

 

色々なことを見たり聞いたり感じたりすること。

やったことが無いことをしたり、行ったことが無い場所に行ったり、新しい人に会ったり。種類の違う色々な刺激を受けること。

確かに私は最近、これらの事に意識的に取り組んできました。それにお金と時間を投資し、これからも続けていきます。なぜかと聞かれれば、楽しいからです。

 

これらのことこそが、心に変化を生み、充実した時間を過ごすことになる。結果として時間を長く感じられるようになるというわけです。

 

代謝や心拍数も関係がある

f:id:negibo:20181202182549j:plain

年齢が若い方が、代謝が高く活発なため、心拍数も高いことが考えられます。

年を取れば代謝は落ちますし、必然的に心拍数も低くなるでしょう。

つまり、意識的に良く身体を動かしたり、運動したり行動したり、そんな機会を作っていけば心拍数も代謝も上がり、時間を遅く感じれるようになるかもしれないということです。

 

あと、新しいことに挑戦することのドキドキ・ワクワクが、心拍数を上げることにつながっていることも考えられますね。

 

時間を気にしていると長く感じられる

時間を忘れて楽しいことをしていると、あっという間に時間がたっていること、ありますよね。

時間が早く過ぎるのは、時間を気にしていない、気にかけていないということが原因なのだそうです。

逆に退屈な時間は、「早く時間たたないかなー」と時間を気にしているため、長く感じられるのだと考えられます。

 

夢中で好きなことをするのは良いと思うのですが、ただ時間だけが早く過ぎ去っていくのは、貴重な自分の時間を大切にできていない可能性があるということです。

せっかくの自分の時間、大切にしたいものです。

 

まとめ(時間が早く過ぎる)

f:id:negibo:20181202183000j:plain

時間は皆に平等にあるものと思いがちですが、感じ方によって大きな差が生まれてくるのではないかと思います。

毎日の意識や心がけは、積み重なることによって大きな違いを生み出すことでしょう。

 

自分の時間を充実したもの、価値あるものにするかどうかは自分次第ということです。

日々を大切に生きていきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。

 

www.goldnegi.com