すべてうまくいく日々のブログ

好きなとき好きな人と好きなことを好きなだけ遊ぶ

MENU

お局さん対処法 いじめの心理や嫌われずに安定して複業収入を得る

 会社組織で働く上で、組織の大小に関わらず「お局さん」的な人っていますよね。

仕事が特別できるわけでもないのに、経験年数が長いだけでなぜか誰も逆らえない。上司ですら強く注意できない。

 

嫌われたり目をつけられれば、日々嫌味を言われたり、いじめや嫌がらせを受け、仕事にも支障が出ることも。

好きな職場であったり、やりがいのある仕事なのに、そんな「お局さん」の対処に困っているという人は非常に多いです。

 

また、副業や複業で安定して収入を得るには、働く環境や自分の心理状態はとても重要。結果に影響してきます。

職場でお局さんの機嫌に振り回されていては、安定して収入を得ることが難しくなってきます。

 

そんな困ったお局さんに嫌われずに正しく心理を理解し、うまく付き合っていくにはどうやったらいいのか、今回はその方法をシェアしていきます。

 

 

周りから嫌われる特徴と心理

f:id:negibo:20190421130737j:plain

お局様の特徴

 職場のお局さんとは、仕事を取り仕切るベテラン女性社員のことです。

口うるさくて嫌味っぽい、中年の女性社員を指す言葉として多く使われます。

そんなお局さんの特徴として、

1.その日の機嫌が態度に表れる

 機嫌が悪かったりすると、あからさまに態度や表情に表れます。

それによって周りの人に過度に気を遣わせたり、人によっては恐怖を感じることも。

機嫌が悪い原因が仕事のことなのか、それとも別なことなのか分からないので、結果それに振り回されることに。

 

2.愚痴と悪口が多く、噂話が大好き

 口を開けば誰かの悪口や仕事の愚痴ばかり。ネガティブな言葉は聞くだけでも疲弊します。

また、噂話も大好きなことから、自分も陰で何か言われているのではと不安になったり、噂されるのが気になってしまうことも。

 

3.平気で他人に仕事を押し付ける

 自分の仕事にもかかわらず、楽をしたいがために他人に仕事を押し付けてきます。

こちらが忙しくても聞く耳持たず。やりたくないことや面倒な仕事を、言うことを聞く後輩に問答無用でやらせようとします。

 

4.自分だけのルールを押し付けてくる

 社内のルールとは別に、自分だけのルールがあり、それを他の人にもやらせようとします。

自分だけのルールのため、あいまいで理解しづらく、聞いても詳しく教えてくれない場合も。

 

5.小言が多く、注意をするとき嫌味っぽい

 後輩の言動をよく監視し、こと細かに注意をしてきます。

すこしでも気に入らないことがあると一々口を出し、わざわざ嫌味な言い方をしてきます。

 

6.男性に甘く、女性(後輩)に厳しい

 自分以外の女性社員が注目されるのが面白くなく、男性には優しく接し、女性には厳しい態度をとります。

特に嫌いな後輩にはキツい言葉を使ったり、気の強い一面を見せます。

 

7.年長者の立場を利用し偉そうにする

 ベテランであることや年長者の立場を利用し、偉い人とタメ口で話す姿を見せびらかしてきます。

自分の優位性をアピールすることで、逆らえない存在として認識させようとします。

 

意地悪をする心理

 これらの他にも、色んなタイプのお局さんがいますが、なぜお局さんはわざわざ意地悪や嫌がらせをしてくるのでしょうか。

こっちが嫌っているわけでもないのに、普通に気持ちよく仕事をしていればいいのにと感じる方も多いと思います。

 

お局さんと職場で対立せず、うまくやっていくためには、意地悪をする心理を理解する必要があります。

この心理を正しく理解し、行動すれば、いじめや嫌がらせをされることなく、上手に付き合っていけるようになります。

 

プライドが傷つけられる恐怖と劣等感

 ほとんどのお局さんは、長年努めているのに仕事ができないことや、男性に相手にされなくなってきたことに劣等感を感じています

若いころは許されていたミスも大目に見てもらえなかったり、仕事のやり方の変化についていけなかったりと、自分よりも若い後輩に嫉妬しています。

 

お局さんは、プライドを傷つけられることを恐れています。

相手のプライドを傷つける、反論したり、逆らうといった同じ目線で張り合おうとする行為によってあたりがさらにきつくなるのはこのためです。

 

プライドを尊重してあげる

 お局さんには劣等感があるという心理を理解してあげると、うまくやっていくことができます。

上司として、先輩として尊重しているという態度をあなたが示すことによって、関係は変化していきます。

 

お局さんは、職場での劣等感やストレスを解消するため、あなたが反抗して来るのを待っている場合もあります。どうやっていじめてやろうかと。

それに対してあなたが相手と同じ目線に立たず、尊重する対応をすることで劣等感や恐怖は薄れ、関係性は改善していきます。

 

では具体的にどのようにコミュニケーションをとっていけばいいかを、これから話していきます。

 

注意をするとき嫌味っぽい

嫌われないための対処法

 同じ職場で働いている以上、お局さんとの接点は必ず出てきます。

そんな中で腹をたてたり、逆にビクビクしたり萎縮してしまっては、こちらが疲弊するばかり。勤務時間後に副業や複業で収入を得ることもままなりません。

 

対立したり、やり返すことを考えるより、心理を理解した上でコミュニケーションをとり、うまくやっていくほうが賢い選択です。

 

とはいえ、お局さんにばかり合わせて自分らしく行動できないのもなんだか釈然としない・・・。

自分を抑えることなく、お局さんが抱えている劣等感やプライドを満たしてあげることで、お互いに良い関係を築けるようにこれからなっていきます。

 

心理を利用したコミュニケーション術

 コミュニケーションにおいて相手を満たし、自分が優位に立つ一番簡単な方法は、相手を褒めることです。

褒められたら誰でも嬉しくなってしまうもの。

相手の望んでいることを理解し、満たしてあげることは、全ての人間関係、複業ビジネスにおいても必要なことになってきます。

 

感情が邪魔して抵抗がある人もいるかもしれませんが、これから先ずっと使えるスキルなので、練習と思ってぜひやってみてください。

 

1.まず聞き役に回る

 相手の心理を理解するには、相手のことを知る必要があります。

お局さんは自分の話を聞いて欲しいと思っていますから、まずは会話の中から好きそうなものや聞いて欲しそうなことを探して質問するようにします。

自分の話は極力挟まず、「へえ、そうなんですね」「すごいですね」と得意げに話すことを聞いてあげるだけで相手を満足させることができます。

 

2.相手を主役にしてあげる

 相手は自分が一番でありたい、注目されたいと思っています。

会話の中に、お局さんの事をどんどん入れるようにします。例えば、

  • 「お局さんがいるから助かった、楽しかった」
  • 「お局さんのおかげで成り立っている」
  • 「お局さんのためにやります、がんばります」

というように、会話の主役にすることで、相手の充足感を満たしてあげることができます。

 

3.適度に頼る

 あなたに対して冷たい態度を取るお局さんも、実は頼られたいと思っています。

怒られるからといって何も聞かずにいるのは逆効果。わざと自分ができる、分かっている仕事であっても時折聞いたり、助けを求めたりします。例えば、

  • 「お局さんにぜひ教えて欲しいんです。」
  • 「他の人だと難しいかなって・・・。」

すると、相手の抱えている「私っていらない存在なんじゃ?」という不安を解消し、相手を認め、本当は頼られたい、必要とされたいというという気持ちを満たしてあげることができます。

仕事がうまくいったら、しっかりと感謝を伝え、

  • 「やっぱり頼んでよかった。」
  • 「本当に助かりました。」

と素直に喜ぶようにするとさらに効果的です。

 

4.なって欲しい姿として褒める

 たとえば、優しくなって欲しい人に「ホント優しいですよね」と言って褒めます。

するとこちらの意図を相手の潜在意識に刷り込むことができ、相手は「私って優しいんだ」と思うようになります。

そうすると不思議と本当に自分に優しい人になっていきます。

また、人よりも良く思われたいという心理を利用し、

他の先輩と違って、こういうところが優しいですよね」と付け加えると、さらに効果的に相手をその気にさせることができます。

 

5.外見や変化を褒める

 人は自分の変化に気づいてもらえると嬉しいものです。

自分よりも若い後輩に劣等感を抱いているお局さんであれば、外見や雰囲気はとても気になるところ。

ちょっとした変化や気づいたことを褒めるようにします。例えば、

  • 「今日の格好、何だかキマってますね。カッコイイですね。」
  • 「なんだか最近、調子よさそうですね。楽しそうですね。」

といったように、ポジティブな言葉をかけることで、相手の嫌な気持ちを取り除いてあげることができます。

 

うまく付き合っていく方法

 お局さんは、プライドを傷つけられることを誰よりも恐れ、若い後輩に対して劣等感を抱いています。

仲間に囲まれていても、孤独を感じていたりします。

それがいじめや嫌がらせをする原因です。

そのことを正しく理解し、正しく付き合っていくことができれば、ビクビクする必要も避ける必要もなくなっていきます。

 

あなたがお局さんの存在を認めてあげる、受け入れてあげる、安心させてあげるという気持ちで接すれば、いじめたり嫌味を言われたりすることはなくなっていきます。

 

さらに関係がよくなれば、心強い見方、頼もしい先輩としてあなたの力になってくれるでしょう。

 

それでもどうしても無理なら、信頼できる上司に相談するということも一つの手段だと思います。

 

まとめ

 相手の心理、求めていることを理解し行動することは、別に悪いことではありません。むしろ正しいコミュニケーションの形だと思います。

自分の感じている辛さだけを意識せず、相手や周りのことを理解しようとすることで、自分も理解されるようになっていきます。

 

また職場での人間関係もよくなれば、副業や複業にも力が入り、好きなことで安定して収入を得られるように、これからなっていきます。

 

全ての人が、笑顔でノンストレスな職場で働くことができる社会が早くやってくることを望んでいます。

 

それでは豊かな複業ライフを。