世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。


優しすぎるあなたへ

こちらにまとめました。↓ 

www.goldnegi.com

f:id:negibo:20181014193807j:plain

周りの人と上手くやりたい、けれども自信がなくて周囲の機嫌ばかりうかがってしまう・・・

でも自分のことが一番可愛い私、ねぎ坊です。

 

これまで、人を気遣い、人に配慮し、できるだけ人の意向を汲むことがみんなのためになる、それが人に優しくすることだと信じて疑いませんでした。

 

しかしそれには前提として、自分の意見を抑えて、自分の希望や気持ちを表に出さない、いわゆる【主体性のない】状態でした。

 

判断基準が、「自分がどうしたいか」ではなく、「周りの人がどうしたいのか」・・・

 

自分を犠牲にして、相手に合わせることが、相手が喜ぶことで怒らせない、嫌われないことなんだと考えていました。

しかし、結果はことごとく逆であり、これまでいくつもの人間関係を崩壊させてきました。

 

人と争うのが嫌いで、自分を抑えることで一時の平和を得ようとしていたのかもしれません。

 

「なぜこんなに希望を聞いてあげているのに、最後に怒らせてしまうんだろう」

「ここまで譲歩してあげているのに、なぜさらに言ってくるんだろう」

「これまで仲が良かったのに、なぜ急に怒らせ、仲違いしてしまったのだろう」

 

優しいのは良いが、優しすぎるのは実は少し問題があります

 

ということで、私が優しすぎる人がどうすれば幸せになれるのか調べたこと、実践していることなどを中心に、『優しすぎる人』について考えてみました。

 

優しすぎるあなたへ

f:id:negibo:20181014193844j:plain

 優しすぎるあなたは過去、自己主張して誰かを傷つけたり、深く自分が傷ついた経験があるのではないでしょうか。

 

もうそんな思いはしたくない。

自分が我慢をして、周りの意見を聞いていれば、誰も傷つかないし、皆が幸せになるのでは?

 

あるいは、誰かの「お前は自分のことしか考えていない」「あなたは嫌われているよ」などという心ない言葉に、優しいあなたは深く傷ついたかもしれません。

 

「ああ、自分は人のことを省みることができない、自己中心的でだめな人間なんだ。」

「他人の心が分からない、冷徹な人なんだ。」

 

慈悲深く、ただ人に優しくしたいだけなのに、トラウマ的経験から次第にこのように考えるようになり、自分を否定したり、嫌ったり、責め続けていたかもしれません。

 

でもですね、顔を上げてよく聞いてください。

 

自分のことを一番に考えて、一体何が悪いというのでしょう。

自分を中心に、自分を尊重し、自分を最も大切にして何がいけないのでしょう。

 

何も悪くありません。あなたは悪くないのです。

 

自分のことを一番に考えられない、大切にできないのに、他の誰かのことを大切にできるでしょうか?

 

もしもあなたが、自分で自分を否定したり、責めるようなきっかけを作った人がいたならば、その人は間違いなくただのクソ野郎です。

 

 まず、そのことをお伝えしておきたいと思います。

 

次回に続きます。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。