世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。


自分の『やりたいこと』を見つける【3つ】の秘訣!その価値とは・・・

f:id:negibo:20181007235613j:plain

自分の好きなこと、やりたいことって何だろう。

もし、何でも好きなことしていいよと言われても、結局何もできない気がする・・・

でも自分のことが一番可愛い私、ねぎ坊です。

 

好きなことや、やりたいことがあって、それを追いかけている人はとても楽しそうで、充実していますよね。

 

じゃあ、自分の今一番やりたいことって何だろう。

そもそも、中学校・高校・大学と成長していく中で、何かそれらしい目標はあっただろうか。何かやってきただろうか。

 

確かに、親から「これがいいよ」と言われたものや、誰かからの「これからはこれが必要だ」といった情報はそれなりに意識していたかもしれません。

 

でも、今やってることって、本当に自分のやりたいこと?

そうでないとしたら、自分が本当にやりたいことって何?

もしかして、やりたいことがない?!えーー

 

ということで、私が毎日をもっと充実したものにするために調べたこと、実践していることなどを中心に、『自分のやりたいことの見つけ方』について考えてみました。

 

ビンとくるものがあれば、すぐ試してみてください。

皆さんの気づきに少しでもお役に立てれば幸いです。

目次

 

結果を求めてしまう

f:id:negibo:20181008005225j:plain

これまでの生活を振り返ったとき、おそらく好きなこと、やりたいことはそれなりにやっていたと思います。仕事や学校が終わってからや休日の日などに。

 

しかし、それが将来何の役に立つのか、一体どういうことにつながるのか、想像できなくなり、やがてただの暇つぶしのような時間を過ごしてしまっている。

 

自分のやりたいことがあったとしても、

  • 興味はあるけどやったことがない、勇気がない
  • 自分には向いていない気がするし、面倒だ
  • 今からはじめてももう遅いし、身になるか分からない
  • 結局面白くなくて、時間とお金が無駄になるかも

 

さらには、それが収入アップやスキルアップにつながるのか?果たして成果を得られるのか?と、結果にこだわるあまり、結局はなかなか行動には移せません

 

何だか最近、時間の過ぎるのがあっという間で、いつの間にか季節が過ぎている・・・

「何かしても疲れるだけだし・・・」「明日も早いからもう寝なきゃ・・・」

 

子供の頃は、時間を忘れて夢中で友達と遊んで、気がついたら日が暮れていた。なんてこと、よくありましたよね。

 

誰しもあった大好きで夢中になれること、ワクワク情熱を感じるもの。

これらは、日々の生活の中で少し忘れているだけなのです。

 

ではどうすれば、夢中になれることを思い出したり、やりたいことを見つけることができるのでしょうか。

 

その1.新しいことをやってみる

f:id:negibo:20181008224824j:plain

やりたいことがない、見つからないのは、単純に今ある選択肢が少ない、経験が少ないだけなのです。

しかし、それが悪いということではありません。

 

やったことがない事、今まで何らかの言い訳をつけてやらなかった事、その中にあなたの夢中になれるものはあるかもしれません。

 

ほんの小さなことからでいい

人や変化を恐れ、いつも同じを望むことから、どうしても同じ選択をしがちなものです。

 

今までにやったことがなかったら、どんな小さなことやくだらないこと、些細なことでもかまいません。

例えば、

  • 今日はいつもと違う新しい道から帰ってみよう。
  • せっかくだし、今まで頼まなかったメニューをオーダーしてみよう。
  • ちょっと遠慮していた、新しいファッションを試してみよう。
  • これまで躊躇して、行ったことがなかったところに行ってみようかな。

 

大切なことは、誰かに誘われたからとかすすめられたからではなく、自分と相談して、自分に質問して、出てきたものを優先してください。

 

あと、自分が大好きで尊敬している人がやっていること、同じことがしてみたいとかもいいと思います。

 

最初は緊張したり、勇気が必要だったりしますが、

新しいこと、やったことがないこと、未体験なことを少しずつ増やしていくと、どんどん楽しくなってきますよ。

 

三日坊主でもいい

やってみて、やりたいことは自然と続けたくなります

またやりたい、続けたいと思ったらそうすればいいし,やりたくないと思えばやめればいいんです。1日でも三日坊主でもまったくかまいません

誰かからすぐやめる人だと思われても、気にする必要はありません。

 

たとえお金や時間が少しなくなったとしても、結果を気にして行動しないことのほうが、よっぽど人生を無駄にしていると思いませんか?

 

そう考えれば、自分の好きなことを探している、新しいことを次々自分にお試ししていることが、とっても素敵なこと、自分自身を大切にしていることなんだって思えてくると思います。

 

勇気や自信につながる

新しい体験は、自分の勇気や自信にもつながります。

 

これまでやらなかったことを次々しているうちに、できないと思い込んでいたこと、自分の制限が外れていきます。

様々なことに容易に挑戦できるようになります。そもそもその時点では、もう挑戦することだと思っていないかもしれません。

 

  • 今まで怖くてできなかった、尊敬するあの人に会いに行ってみる
  • あこがれの海外旅行に、一人旅立ってみる

 

想像するだけでもワクワクしますね。

新しい体験を楽しみながら増やしていく中で、あなたのやりたいことを見つけていってみてください。

 

その2.感情に敏感になる

f:id:negibo:20181008230343j:plain

新しいことを試していったりする中で、ぜひ自分の感情、心の動きに注意深く意識を向けるようにしてみてください。

 

これをしていると自分が喜んでいる気がする、何だかやる気や元気が出てくる、気分が高揚しているなど。

 

それはほんの些細な感情の揺れかもしれません。

それを見逃さず、丁寧に自分の感情を感じてみて、観察してみてください。

 

「ああ、こんなことが自分は嬉しいのか、楽しいんだ」

「実は自分はこんなことがやりたかったのか」

と、新しい自分を発見できるかもしれません。

 

もちろん、良いほうの感情だけではありません。

感情に目を向けるよう意識していると、自分が「嫌だ」「やりたくない」と感じていることも分かるようになってきます。

 

好きなこと、やりたいと思うこと、逆に嫌なこと、やりたくないと思うことを認識し、自分自身の感情・気持ちに敏感に、そして丁寧に接するよう心がけましょう。

 

自分の感情を優先したりする中で、あなたのやりたいことは自然と分かってきます

  

妨害する人の存在

あなたが自分の感情に従い、やりたいことをやろうとすると、それを妨害しようとする人、反対してくる人が必ず現れます。

 

それは、家族や先生、先輩や上司といった身近な人かもしれません。

 

彼らは「間違った選択をしないよう」とか「心配だから」と言って、やりたいようにさせてくれません

また、「上手くいくはずがない」などと、不安になるようなことを言ってきます。

 

なぜなのでしょう?

 

それは彼ら自身、やりたいことがやれず、自分で自分を縛っているからなのです。

深層心理で、変化するのを恐れ、自分の枠の中でもがいています。

 

だから、あなたがその枠から出て自分を解放し、自分の好きなことをされると彼らには都合が悪いのです。

 

自分がずっとできなくて苦しんでいることを、いとも簡単に越えられては、一体今までなんだったんだという気になりますよね。

 

だからもしそういう人が現れたら、控えめに「私のためにアドバイスありがとうございます。」と軽く受け流しましょう。

 

あくまでも自分自身の感情、そして意思や気持ちを一番大切にし、自分自身と相談して決めていってください。

 

その3.思わず嫉妬してしまうこと

f:id:negibo:20181009000231j:plain

自分の周りの人や、誰かのSNSでの発信を見て、思わず嫉妬してしまうこと、「いいよなー」とか「自分ばっかりー」と思ってしまうことってありますよね。

 

「この人はお金や時間、学歴や人脈があるから、こんなことできるんでしょう」

「そういう仕事をしているから、あんなことができるんだ」等々

色々考えてしまいます。

 

ですが、その中に実は自分のやりたいことのヒントがあったりします。

 

うらやましかったり、嫉妬してしまう事の裏側には、自分がやりたいけどできないと思っていることが隠されています。

 

裏側にある感情

そんなもの私にはいらない、欲しくないと口ではいっていたとしても、本当は喉から手が出るほど欲しいものかもしれません。

だから、感情が動くのです。

 

このことに注目し、その人がしていることと同じことでなくても、得られているものや状況を考えてみると、自分のやりたいこと、欲しい結果、それによって得られる良い感情が見えてくるかもしれません。

 

自分の感情、自分の気持ちに素直になることは、決して恥ずかしいことではありません。

 

ぜひ、自分の裏側にある感情にも、目を向けてみてくださいね。

  

まとめ(自分のやりたいことの見つけ方)

f:id:negibo:20181009003748j:plain

本当に自分の好きなこと、やりたいことをやっている人は、不思議と人生が上手くいっていたりします。

 

自分のやりたいことをやること、それはわがままでも自分勝手に相手の迷惑を考えない、ということでもありません

 

嫌なことを毎日我慢しつづけて、その先にあるものは一体何なのでしょうか。

それで得るものとは何でしょうか。

それがあなたの欲しいものですか?

 

生涯をかけて探す

自分のやりたいことは、何年もかけてやっと見つかったり、一生かけても見つからないこともあるかもしれません。

でも、一度しかない人生の中で、本当に自分のやりたいことを探す、探し続けるということは、生涯をかけるだけの価値はあると思います。

 

子供の頃、毎日が楽しくて輝いていたあの気持ち。

やりたいことを見つけるというよりは、もしかしたらもともと自分の中にあるものを思い出すといった感じなのかもしれませんね。

 

ぜひ、自分のやりたいことを見つけて、思い出して、自分の人生を歩んでいってくださいね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。