世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。


ぐるぐる思考を止め、【考え過ぎ】をやめるには?

こちらにまとめました。↓ 

www.goldnegi.com

 

f:id:negibo:20181004012722j:plain

「こうなったらどうしよう・・・」「なんでこんなことに・・・」「どうにかしないと・・・」

ぐるぐる思考、ついつい考えるのがやめられない、

でも自分のことが一番可愛い私、ねぎ坊です。

 

思考がとめられない、考えるのがやめられない、考えグセ・・・

 

通勤中や仕事中、食事の最中など、気がついたら色々なことを考えていて、

目は開いているけど見ていない・・・

目の前のことに集中しておらず、ずっと別のことを考えている

 

それだけならまだしも、

  • 仕事や人間関係で、考え過ぎることが裏目に出てしまう
  • 考えれば考えるほど、不安だけがどんどん増していく
  • 余計なことを考えすぎて疲れる、頭の中がいっぱいいっぱい

 

けれども思考することをやめられず、考えることがもはや快感のような状態、ずいぶん長い間、いわゆるこの【思考中毒】の状態でした。

 

無意識に余計なことを次々考えては悦に入り、頭の中はいつも思考で大渋滞。

まったく考えないのは不安だけど、

考え過ぎをやめれば、もっと楽な気持ちになれるのでは?

無駄な思考を止めれば、もっと頑張らずに決断や行動ができるのでは?

 

ということで、私が頭の中をすっきりクリアにするために調べたこと、実践していることなどを中心に、『ぐるぐる思考を止め、考え過ぎをやめる』ことについて考えてみたいと思います。

 

 考え過ぎる人の特徴

f:id:negibo:20181006125334j:plain

私たちは成長過程で、「よく考えなさい」「考えて行動しなさい」「人に聞く前に自分で考えなさい」と言われ、深く考えるのがいいことだと、ときに教えられます。

 

考える力はとても大事なものです。

深く考えることが悪いのではなく、常に余計なことを考えすぎて、結果、今目の前の本当に考えなければならないことに集中できていないことが問題なのです。

 

考え過ぎな人は、自分の考えに固執してしまい、自分の組み立てた理論をなかなか捨てられません。

じっくりと何度も反芻し、温めた自分の考えを、そうあっさりとは手放せませんよね。

つまり、柔軟に考えられなくなるということです。

 

考える力、思考力が高い

また、ずっと思考してしまうということは、とても考える力が高い、思考力が高いということでもあります。

これは、高い成果を得るために非常に重要なことです。

 

考えたくないことは考えず、考えたいことだけ考える(集中する)

うまくコントロールすることができれば、大きな力となることは間違いありません。

 

また、考える力が高い人は、その考えに至らない人に対し、どうして至らないのか、考え付かないのか理解できないことがあります。

そんなつもりはなくても、見下したような印象を相手に与えてしまい、嫌われたり、孤立したりする傾向もあります。

 

次回に続きます。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。