世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。


メンタルを強くする最強の心構え【ベスト4】打たれ弱い自分を克服!

f:id:negibo:20181030214558j:plain

ほんの少し嫌なことがあったり、一度の失敗ですぐにいじけて諦めてしまう・・・

でも自分のことが一番可愛い私、ねぎ坊です。

 

思い通り上手くいかない、自分のやっていることを誰かから反対された等、

すぐに結果は出ないし、全ての人が自分に賛同してくれるわけではありませんね。

 

それどころか、あなたのことを嫌ったり、妬んだり、嫉妬して傷つけようとしてくる人もいるかもしれません。

 

しかし、そう簡単にあきらめていては、いつまでたっても身にならないし、目的にたどり着くことはできません

 

成功者は、成功の陰に驚くほど多くの失敗をしているもです。

 

その経験の数、失敗した数が多かったから成功したともいえるかもしれません。

しかも彼らは、失敗とは全く思っておらず、全ては必要なテストであったとさえ考えているのです。

 

いちいち落ち込んでいては、経験を重ねることはできませんよね。

 

成功に早くたどり着くには、ある程度は失敗を重ねるしかないのかもしれません。

 

ということで、私がちょっとやそっとではへこたれない精神力を身に着けるためにに調べたこと、実践していることなどを中心に、『強いメンタルの作り方』について考えてみました。

 

ピンとくるものがあれば、すぐ試してみてください。

皆さんの気づきに少しでもお役に立てれば幸いです。

目次

 

メンタル強化術1.弱くてもいい

f:id:negibo:20181030223021j:plain

私たちは過去の経験から作り出した【自分のルール】に従いながら生きています。

  • 学校や会社の決まりを守らなければならない
  • 親・先生・先輩・上司の言うことを聞かなければいけない
  • 時間に遅れてはいけない、遅刻してはいけない
  • 人を頼ってはいけない、迷惑をかけてはいけない 等々

 

自分自身で大切なことだと思い込んでいるため、自分の作ったルールを破るのは本当に怖いものです。

 

それゆえ、自分作ったのルールを誰かが簡単に破っているのを見ると、腹立たしくてしようがありません

また、守れない自分のことを強烈に責めたりすることもあります。

 

誰しも自分のルールに縛られている

もし、あなたを傷つけたり、無理強いをしてくる人がいたら、その人は自分のルールをあなたに押し付けようとしてきている可能性があります。

 

相手が、果たしてあなたに良くなってほしくて言っているのか、それともそうでないかを冷静に見極める必要があるのです。

 

ただ、注意された、反対された、怒られたと受け取るのではなく、相手も自分の作ったルールを守ろうとしている、縛られているのでは?と考えてみてください。

 

この、自分で作りだしたルールや思い込みが、自分の中の弱さの原因の一つというわけです。それによって、自分や他人を責めたりしているのですから。

 

あなたの嫌いなあの人も、自分のルールに縛られ、それを破ることを恐れて一人でブルブル震えているかもしれないのです。

 

自分の弱さを受け入れる

まずはこれらの認識を持つこと。

弱さの原因を知ること、自分が作り出していたものだと分かることで、自然とそれらを受け入れることができるでしょう。

 

自分の弱さを受け入れ、それを乗り越えた人は本当に強いです。

 

弱いことは悪いことではないのです。

それを受け入れられないこと、許せないと思うことが自分を苦しめているのだと知っておいてくださいね。

 

メンタル強化術2.自分を責めない

f:id:negibo:20181031225846j:plain

 自分を責めてしまうのは、自分の中のルールを守ろう、破ってはいけないという想いからです。

 

他人から何かを言われたりするよりもはるかに、自分で自分を責めることは私たちの心を蝕みます

 

  • あの人を怒らせてしまったかもしれない。
  • 約束や決まりを守れなかった。
  • 実績や成果を上げられなかった。
  • こんなとでヘコたれて、弱音を吐いて・・・

 

自分で作ったルールに縛られて見えなくなっていますが、意外と他人はそこまで気にしていなかったりするものです。

 

皆、自分のことを見てほしかったり、自分のことで精一杯なのです。

 

自分が作り出したルールに、自分自身が縛られていないか。

事あるごとに自分で自分を責めていては、いくらタフな人でも参ってしまいますね。

 

自分を許す

自分自身にそんなに厳しくしなくって大丈夫です。

そしてもし自分を責めてしまったとしても、後でそんな自分を許せばいいのです。

 

自分を苦しめているそのルールは、自分で作り出したものだということ、そしてそれによって自分を責めないということを、どうか心掛けてみてください。

 

メンタル強化術3.主体的であること

f:id:negibo:20181031230117j:plain

主体的とは、「自分の意志、判断で行動すること」ということです。

 

自分が苦しいのを、「他人や環境のせいにしない」ということです。

 

今この環境にいるのならば、それを選んだのは自分だということです。

嫌な上司と一緒に仕事をすることを選んだのも、最終的には自分だということです。

 

誰かのせいにすれば、自分の責任を回避できます。「私は悪くない」と。

 

しかしそれは、自分の人生に責任を持つのを放棄するということなのです。

 

結果、自分の責任から逃げることが、自分の中の弱さと結びついてしまっています。

 

自分の人生に責任を持つこと

すべての行動や選択は、最後は自分の意志で行ったものだということ。

そう考えれば、もう言い訳はできませんし、辛いのを誰かのせいにもできません。

 

でも本来、そんなことはしなくていいのです。

自分の人生を誰かのせいにする必要なんてありません。自分の人生を自分で選べばいいんです。責任をもって。

 

勇気が必要な時もたあるでしょう。

でも自分が最善だと思う選択を、その時その時でしていけばいいのです。ただそれだけです。

 

あなたの未来はあなた自身が決めていいんです。

 

メンタル強化術4.自分軸で生きる

f:id:negibo:20181101200013j:plain

『自分軸』とは、自分の心や想いを犠牲にせず、自分の価値観を大切にし、それに従って生きるということです。

 

社会や他人の考えに惑わされず、自分を尊重し、ありのままの自分を受け入れるということです。

 

言葉にするともっともな感じですが、心で感じるより頭で考えることに重きをおく現代社会では、そう簡単にできることではないかもしれません。

 

ですが、このことを意識して、自分軸でいられるようになれば、とても楽に生きられるようになるでしょう。

 

ありのまま生きる

そのまま、ありのまま生きればいいわけですから、強い弱いなどもはやどうでも良くなります。

 

他人の目を気にし、自分ではない他の誰かの人生『他人軸』で生きていても、楽しくないですし、幸せになるのは難しいでしょう。

 

少しずつでいいので、他人の考えに惑わされずに自分を尊重する『自分軸』で生きるということを意識してみてください。

 

まとめ(強いメンタルの作り方)

f:id:negibo:20181101202806j:plain

自分の中の弱さとは、社会や他人の言うことを気にするあまり、自分の中で作り出したもので、勝手に弱いと思い込んでいるだけです。

 

そんな幻想のようなものに縛られたり、振り回されたり、苦しめられたりするなんて馬鹿馬鹿しいですよね。

 

本当は他の誰かと自分を比べる必要もないし、強い弱いもないのです。

 

自分はメンタルが弱い、すぐに心が折れてしまう、なんて落ち込む必要はありません。

私たちは皆、強くて弱いんです。

 

他の誰かや環境のせいにせず、今の自分は全て自分で決めた結果なのだということ。

それが分かれば、これからどうすれば良いかは自然と分かり、さらには強く生きられるようになるでしょう。

 

あなた自身のあり方は、他人が決めるものではなく、自分で決めていいのだと知っておいてくださいね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの日々が楽しくて充実していますことを、心からお祈りしています。