世界一自分に優しい授業

自分に優しく夢を叶える、幸せの引き寄せ。楽しく充実した日々を送るための方法など。


今時の小学生のスポーツクラブは、最新のコーチング理論が取り入れられていたりでワクワクがとまらない

今週末、小学生の子供2人は、スポーツクラブの【合宿】に行く。

 

このスポーツクラブは、我が子供らが通っている習い事だ。

週に一回、近隣のグラウンドを使用して行われる小学生の基礎的な運動能力の向上と、スポーツを通して健やかな身体と精神を育むことを目的としている。

 

ひとつの種目ではなく、数週替わりで様々なスポーツを体験することとなる。

 

鬼ごっこやドッヂボール、バレーやラグビーなど、種目ごとの面白さやルール、難しさを学校とは違う仲間とともに学んでゆくのだ。

 

ご指導をしてくださるのは、体育大学を卒業したお若い先生方が多く、優しくも時には厳しく、親身になって接してくださる。

 

何しろ、様々な種目を中でスポーツを心から楽しむこと、そして身体の使い方や精神、チームメイトの大切さとチームの中での自分の役割などを学ぶのが目的なのだ。

 

ー私も教えを請いたいくらいである。

 

 

大会に出場して、一位を取る事などを目指してはいない。

 

そのためか、子供たちは実に生き生きと動き回り、思う存分にスポーツを楽しむことがるのだ。

 

最初は消極的だった下の子も、今ではとても楽しんでいるのだが、その下の子が得意げに見せてきたのは【合宿】のしおりだった。

 

そこには、合宿の時間割や注意事項などはもちろんだが、チームや自分など、カテゴリー別の目標設定や、「アルティメット作戦ボード」なるいわゆるビジョンボードの作成など、様々なエクササイズに取り組む内容が盛り込まれていた。

 

まさに最新のコーチング理論に基づく目的の明確化や動機付け、ビジュアライゼーションなどを小さいときから触れられるのだ。本当に素晴らしい。

 

このような貴重な体験を子供たちにさせてくださって、企画・運営をされている企業様と先生方に、心からの賛辞と感謝を述べたいと思う。

 

 

父も5月にはハワイへ【合宿】に行くぞと対抗心を燃やして意気込みつつ、

 

www.goldnegi.com

 久々に子供たちが1泊2日で家にいないため、ゆっくりと嫁とイチャイチャできるなと企んでいるいる今日このごろである。

 

読んでいただいてありがとうとざいます。