日本一優しい男の『安心』シェアミーティング

リラックスして楽しめる交流会イベント:シェアミーティングを開催してます

自分に対する誰かの評価は気になるクセに、誰にも興味なかったんです

こんばんは。僕です。

一昨日はお恥ずかしながら僕の30代最後の誕生日でして、お祝いの言葉をたくさん頂戴いたしました。

メッセージくださった方、本当にありがとうございます。

いや、これまで自分の誕生日に良いイメージ(?)がなんまなくて、なんだか気恥ずかしい。年を取っていくっていうネガティブな感情ではないのですが、嬉しいかと聞かれると・・・な感じでした。

しかし、今回の誕生日は自分を好きになろうって決めてからの初。僕の大好きな自分がこの地球に生まれてきてくれた日なんです。嬉しくないはずないですよね。

 

そう、今は仕事で出張中なので、家族とテレビ電話で会話しました(笑)

親からもメッセージをもらったり、いやー気づかなかったですね。こう、なんというか人とのふれあいというものの大切さに。

いままでは、意図的に避けてたんですよね。これまでの人生の人関係での苦い思い出から、傷つくのを恐れてたんじゃないかなと。自分がね。自分が傷つくのが怖かったんですよ、これ以上。

だから、必要以上に人と関わるのことを「めんどくさい」と感じて、表面上の関係のみ。本気で誰かと付き合う事なんてなかった。もしかしたら家族に対してもそういう時期があったかもしれません。(悲)

自分に対する誰かの評価は気になるクセに、誰にも興味なかったんですよね、自分にも。自分が傷づいた事も誰かのせいにしていました。

までも、このままじゃマズいぞって思って去年の初めあたりから、自分と向き合う努力をし始めたんですけど、まずはそんな自分を【許そう】って思ったんですね。嫌な自分も弱い自分も受け入れようって(カッコ良く言うと)。

だって、他の誰かと離れることはできても、自分自身とは一生、命が終わるまで一緒なんです。離れることはできないんです。そんな四六時中一緒の自分のことが受け入れられなくって嫌いだったら、そりゃキツいっすよね(苦笑)。なんの苦行だよと。

 

何のかんのと迷いながらでもそんなこと続けているうちに、いやー変わり始めましたね、人間関係が。しょせん、自分の中での話なんですけどね。でも僕にとっては大きな変化でした。そしていろんな人に興味がわいてくるようになったんですよね。自分自身にもですけどね。理解しよう、理解したいって思えるようになったのかもしれません。

しかしながら、副作用もありまして社内の人から「キミはほんとに皆から嫌われてたんだよ」って告げられたわけです。ですよねーーって、いやいや気づいてたけどそんなはっきり言われると傷つきますやんって…。過去形なところがまだ救いですな。

でも、はっきり言ってもらえてありがたかったなって思います。その日は眠れませんでしたが。(苦笑)

 

まぁそんなこともありつつ、興味のある人、尊敬する方々に実際に会いに行きたいなと思いつつ、昨日は見たかった映画を見に行ってきました。

キングスマン: ゴールデン・サークル カッコ良かったーー

 

f:id:negibo:20180122231212j:plain

読んでいただいて、ありがとうございます。